「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



世界はうつくしいと

[詩集]

著者
長田弘

『世界はうつくしいと』は、そう言っていいなら、寛ぎのときのための詩集である。寛ぎは、試みの安らぎであるとともに、「倫理的な力」ももっている。「寛ぎとはありとあらゆるヒロイズムを進んで失うこと」(ロラン・バルト)であるからだ。二十七篇の詩は、六年の日月をかけ、季節が一つめぐってくる毎に一つずつ、目の前の風景のなかにひそむ消滅点を一つずつ、じぶんの指で確かめるようにして、ゆっくり書き継がれた。――「あとがき」より

この詩集に収められた詩のタイトルをいくつか拾ってみよう。「窓のある物語」「机のまえの時間」「なくてはならないもの」「世界はうつくしいと」「人生の午後のある日」「みんな、どこへいったか」「大いなる、小さなものについて」「ゆっくりと老いてゆく」「カシコイモノヨ、教えてください」「モーツァルトを聴きながら」「蔵書を整理する」「大丈夫、とスピノザは言う」「人の一日に必要なもの」「グレン・グールドの9分32秒」……
ここにあるのは深く緩やかな言葉である。性急な時期は過ぎ去った、人生の午後はゆっくりと風景や時間に向きあうことがたいせつ。だれもが感じる日々の感興が、奥行きのある知性とますます自在な詩法で書き留められた、大人のためのポエム・コレクション。


目次


窓のある物語
机のまえの時間
なくてはならないもの
世界はうつくしいと
人生の午後のある日
みんな、どこへいったか
大いなる、小さなものについて
フリードリヒの一枚の絵
二〇〇四年冬の、或る午後
シェーカー・ロッキング・チェア
あるアメリカの建築家の肖像
ゆっくりと老いてゆく
カシコイモノヨ、教えてください
モーツァルトを聴きながら
聴くという一つの動詞
蔵書を整理する
大丈夫、とスピノザは言う
We must love one another or die
クロッカスの季節
一日の静、百年の忙
人の一日に必要なもの
こういう人がいた
冬の夜の藍の空
早春、カササギの国で
花たちと話す方法
雪の季節が近づくと
グレン・グールドの9分32秒

あとがき


著訳者略歴

長田弘
おさだ・ひろし

詩人。1939年福島市に生まれる。1963年早稲田大学第一文学部卒業。1971-72年北米アイオワ大学国際創作プログラム客員詩人。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

池辺晋一郎作曲「交響曲第9番」

作曲家・池辺晋一郎の「交響曲第9番」は、長田弘『人はかつて樹だった』『世界はうつくしいと』『詩の樹の下で』の三冊の詩集から9篇の詩をテキストとした、独唱を伴う9楽章のシンフォニーです。 ...続きを読む »

書評情報

池辺晋一郎<毎日新聞「この3冊」 2014年2月2日(日)>
岡井隆<東京新聞 2012年7月24日>
三枝﨔之(歌人)
<静岡新聞 2011年3月27日(日)>
<宝島社「リンネル」 2011年1月号>
中村稔<文学界 2010年5月号>
浪川知子<読売新聞 2010年4月22日(木)>
蜂飼耳(詩人)
<東京新聞夕刊 2009年7月4日(土)>
松浦寿輝(詩人)
<毎日新聞 2009年6月25日(木)>
金原瑞人(翻訳家・法政大学教授)
<日経ヘルス プルミエ 2009年8月号>
長谷川宏(哲学者)
<婦人之友 2009年9月号>
<Dot「保育者ライフ・私の愛読書」(チャイルド社) 2016年9月号>

関連リンク

この本の関連書


「世界はうつくしいと」の画像:

世界はうつくしいと

「世界はうつくしいと」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/104頁
定価 1,944円(本体1,800円)
ISBN 978-4-622-07466-3 C0092
2009年4月24日発行

この本を購入する