「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



色彩の表記

A COLOR NOTATION


20世紀の始まりに開発された《マンセル表色系》は、色を「色相・明度・彩度」の三属性から測ることで、文化や環境に左右されずに定量的に表せることを実証し、色彩学の世界に新たな秩序をもたらした。
この画期的なシステムの考案者アルバート・H・マンセルが、みずからが見出し発展させた理論の基礎を、誰にでもわかることばと図例で丁寧に説明、さらには画家・美術教師の立場から、子供たちへの教授法もアドバイスする。
色彩研究のエッセンスがつまった本書・《マンセル表色系》の原典を読むと、国際規準やJIS規格として世界中で活用されている表色系の色彩観が理解できると同時に、色彩がもつ無限の可能性に目を開かれるだろう。

「システマティックな色彩の表記を使って、無秩序な色彩の世界から旅立ちましょう」
(本文より)


目次


第1章  色彩の表記
 カオス(混沌)――色名の名づけそこない
 整列――眼に見える色彩の属性
 色相は色の名前
 彩度は色の鮮やかさ
色立体――図解による色彩の並び方と相関性
記号による表記――システマティックな色名法
カラーチャート
まとめ

第2章 色彩の楽譜

第3章  配色調和
 バランス――視覚の快適さ
 色彩調和――リズミカルな配色
 配色選びの道順
 色彩の面積範囲

補遺
 生理学
 心理学
 物理学――プリズム色立体(想像上での色光による虹色の色相・明度・彩度を理解する実験)
 色彩教育
 色彩の音叉
 カラーアトラス
 測色のためのマンセル表色系

論評
カラーグループ
慣用色名
マンセルの明度に対応する光の反射率表
マンセルによる色彩用語集

訳者解説


著訳者略歴

アルバート・H・マンセル
Albert Henry Munsell

1858年ボストンに生まれる。画家・美術教育家。マサチューセッツ州立美術師範学校(Massachusetts State Normal Art School)で油絵を学ぶ。美術教師として教鞭をとりながら、肖像画家として活動。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
日髙杏子
ひだか・きょうこ

1970年東京都に生まれる。ニューヨーク大学教育学部美術専攻卒業。国際ロータリー財団奨学生として英国の王立芸術大学・修士課程に留学。東京芸術大学大学院造形理論(色彩学)専攻、博士後期課程修了。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「色彩の表記」の画像:

色彩の表記

「色彩の表記」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/80頁
定価 1,944円(本体1,800円)
ISBN 978-4-622-07487-8 C0071
2009年8月20日発行

この本を購入する