「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



第四人称


「アウトサイダーはインサイダーよりも早く客観的評価を下すことができる。当事者のわからないことが、離れた第三者によりよく、より早くわかるのは一般的である。この第三者というのが、実は、第四人称である。」

「作品、著作は著者があって生まれ、それを読む人があってはじめて存在する。読者のないものは、紙の上のインクのしみのようなものである。いかなる大詩人の書いたものであろうとも、第三者が読むまでは草稿で、原稿は作品ではなく、文書である」

プラトンはなぜその共和国から詩人を排除したのだろうか? また、アリストテレスはなぜ〈カタルシス〉論によって演劇を擁護しようとしたのか? 古今東西、多くの芝居に殺人とか心中といった反社会的な行為が現れるのはなぜだろうか? イギリスの役人で政治家のピープスは日記を暗号で書いたが、やがて解読されて大評判となり、その日記は古典となった。平文ではこうした人気は出なかっただろう。

本書は、〈のぞき見〉や〈立ち聞き〉といった、卑近な行為をキーワードにして、文化的伝統におけるアウトサイダーの意義、すなわち〈第四人称〉の存在とはたらきを明らかにしたものである。これはまた、〈外山学〉の核心ともいうべき、読者論・受け手論の一部をなす重要な書き下ろし論考=エッセイである。


目次


第四人称がある
興味の座標
コンテクストの意味
演劇
読者
伝記・書評
翻訳
書簡・日記
とき・ところ
歴史相対性
新聞
トラベラーズ・バリュー
異人(エトランゼ)
洞察
裁判

あとがき


著訳者略歴

外山滋比古
とやま・しげひこ

1923年愛知県に生まれる。47年東京文理科大学英文科卒業。同大学特別研究生修了。51年雑誌「英語青年」編集長、ついで「英語文学世界」「月刊ことば」を創刊、編集。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「第四人称」の画像:

第四人称

「第四人称」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/160頁
定価 1,944円(本体1,800円)
ISBN 978-4-622-07547-9 C1095
2010年6月15日発行

この本を購入する