「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



闇を光に

ハンセン病を生きて

著者
近藤宏一

近藤宏一は1938 年、11歳でハンセン病療養所長島愛生園に入園、2009年に83歳で没するまでその地で暮らした。神谷美恵子が『生きがいについて』執筆にあたり大きな示唆を受けた人物の一人である。本書は70年余の療養所生活で発表した随筆、論稿、詩を収録。貴重な歴史の証言であり、闇達な精神と豊かな文学性に深く引き込まれる。
著者は戦後、赤痢病棟の介護に従事した際に赤痢に羅患、ハンセン病が悪化し、失明。四肢障害を負う。わずかに知覚が残された唇と舌で点字を学び、盲人の仲間とともにハーモニカバンド「青い鳥楽団」を結成。園内外で演奏活動を行い、晩年までハンセン病問題の啓発に尽くした。
詩と音楽をこよなく愛し、特定の団体やイデオロギーに依らず、一人の個人として誇りある生き方を貫いた姿は、広く静かな感動を呼ぶだろう。


目次


 *
もえて幾山河  私のハンセン病六十六年を顧みて
 **
僕のお父さん
入室する晩

君の手
海の向うには
小豆
盲目十年
入園番号
ひとすじの道  故森岡康行氏を追悼する詩
うしなった眼
 ***
愛生学園のこと
私の反省  往復書簡「盲人の社会性をめぐって」
点字とその楽譜  舌読のいたみに耐えて
点訳書『人間の壁』について
『ハーモニカの歌』まえがき
NHKに申し上げます
よき精神看護を望む
長島架橋に思う
闇を光に
 ****
十周年記念演奏会に思う
茨木の空にひびく友愛の歌声  茨木病院訪問演奏会を顧みて
楽団青い鳥のゆくえ
マンボとたくあん
M君のハーモニカ
信念のままに  本田勝武氏を偲んで
故三好ひろし君を偲んで
念ずれば花ひらく
幸せなら手をたたこう
 *****
面會
お茶汲み
勇気
鼠退治
鶴島の心と私の歌
ある日の診察  私のベートーベンと恋人
父の遺した歌
うらを見せ おもてを見せて
バプテスマのヨハネ
いつまでも「第九」
スイス紀行  ウェルズリー・ベイリー賞を受賞して
ウェルズリー・ベイリー賞授与式スピーチ

近藤宏一さんの思い出  佐々木松雄


著訳者略歴

近藤宏一
こんどう・こういち

1926年大阪生まれ。1938年、11歳の時に長島愛生園入園。1941年愛生学園卒業。子供時代から詩や作文を書き、「愛生」誌、「綴り方倶楽部」などに発表。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

<クロワッサン 2010年11月25日号>
柳田邦男(ノンフィクション作家)
<文芸春秋special  2011年冬号>
高木智子<朝日新聞 2016年9月7日(水)夕>

関連リンク

この本の関連書


「闇を光に」の画像:

闇を光に

「闇を光に」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
定価 2,592円(本体2,400円)
ISBN 978-4-622-07554-7 C0095
2010年10月5日発行

この本を購入する