「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



田舎の日曜日

ツリーハウスという夢


「わたしのなかで、ツリーハウスの完成形がはっきりとイメージされているわけではない。それは曖昧だ。たえず揺れている。そのイメージの揺れ方をわたしは楽しんできた。ツリーハウスはどこへ行くのだろう。ただ、本体のクリの木の自然の形と矛盾しない、シンプルなデザインだけがわたしの求めているものだ。デザインは引き算である。作っているうちに欲が出て、複雑なデザインに変化する。そこから、どれだけシンプルな最初のイメージに戻すか。いや最初というよりも、ハウスという人を囲い込むだけの、土の家や草の家のような原型的なデザインに戻すか。ツリーハウスに居住性など、わたしは求めていない。木の上に、ぽっかり人間が浮かぶ遊びの空間があればいいのだ」
浅間山の山麓で週末の山小屋生活をつづけて四半世紀。村の少女たちや芸大生、フォークシンガーによる種々のコンサート、そしてジャムづくりや草刈り、「風のブランコ」「氷のオブジェ」など四季折々の「遊び」に、こんどは新たに草木染め、ツリーハウスづくりが加わった。さて、いかに樹木と遊ぶか? 自然に寄り添うデザインとは? 詩人がしなやかに綴った〈田舎暮らし〉の楽しみと日々。図版多数収録。


目次


浅間山の北の山麓で/木々の葉裏を見上げる/
夜道で怪鳥「花子」に出会う/怒涛のような夏が過ぎた/
田舎の日曜日/二代目「風のブランコ」の失敗/
粉雪のなかのハープと音楽療法/冬の狐の物語(以上、2007年)

十二歳の春/雨のなかのツリーハウス作り/
迷路をどう作るか/ジャムとシューベルト/
ギターの上の一匹の蛾/「高過庵」と柱立て/
ツタウルシの秋/晩秋の霧とキツネの足音(以上、2008年)

火山とエロス/山から遠く離れて/
父の終焉記/尖塔と出窓の魅力/
花の妖しさ、人形の妖しさ/大きなネズミたち/
スズメバチの襲撃/梯子をどう作るか/
ツリーハウスとパン焼き窯と/草木染めと竹と銅板と(以上、2009年)

大雪のなかで/墓を考える/
ムササビが来た!/クレッソンの春(以上、2010年)


著訳者略歴

佐々木幹郎
ささき・みきろう

1947年奈良県生まれ。詩人。同志社大学文学部中退。2004年完結の『新編中原中也全集』(全5巻別巻1・角川書店)編集委員。2002-2007年、東京藝術大学大学院音楽研究科音楽文芸非常勤講師。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

鎌田慧(ルポライター)
<信濃毎日新聞 2010年11月7日(日)>
<日本経済新聞 2010年12月19日(日)>
<東京新聞 2011年1月23日(日)>

関連リンク

この本の関連書


「田舎の日曜日」の画像:

田舎の日曜日

「田舎の日曜日」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
定価 2,970円(本体2,700円)
ISBN 978-4-622-07557-8 C0095
2010年11月10日発行

この本を購入する