「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ベルリン音楽異聞

著者
明石政紀

ドイツ国歌の複雑怪奇な変遷はドイツ史の紆余曲折を如実に物語っている。/
ヒトラーと第三帝国は芸術や音楽に何をしたか。そこには抑圧とか統制という言葉では言い表せない権力者・表現者・民衆・組織間の生々しい牽制があった。/
第三帝国崩壊直後、指揮台の主を失ったベルリン・フィルを最初に率いたボルヒャルトはどんな指揮者だったのか。……

ヴァイマル時代から第二次大戦期、そして戦後から現在まで、音楽をめぐる逸話から人々と政治、社会の相克が浮かび上がる。ベルリン~ドイツ現代史の深部に思いを馳せた文章を収録した。

ベルリン・フォルクスオーパー、ベルリン・ユダヤ文化同盟劇場、ティターニア・パラスト、デルフィ・パラスト、ベルリン・アンダーグラウンド・シーン……。そうした舞台で何が起こり何が夢見られていたのか。各頁から、古典名曲、流行歌、ワルツ、タンゴ、スウィング・ジャズにロックが坩堝状に鳴り響き、狂騒と悦楽、差別と抵抗、欺瞞と確信など、渦中に生きた人々の想いや運動が一大交響曲のように響いてくる。


目次


第 I 部 ベルリン音楽異聞
イントロ
1 ドイツ国歌の怪――替え歌から国歌へ
2 ヒトラーの文化帝国
3 幻の指揮者レオ・ボルヒャルト
4 カラヤンとオペラ原語上演
5 忘れられた歌劇場――ベルリン・フォルクスオーパー
6 束の間の夢――ベルリン・ユダヤ文化同盟劇場
7 ヒトラーに褒められたオペラ《ペール・ギュント》
8 ヒトラーに嫌われたオペラ《今日のニュース》
9 ベルリン・サイレント映画の音楽――《戦艦ポチョムキン》と《メトロポリス》
10 ティターニア・パラストの盛衰
11 踊り場ベルリン――デルフィのばあい
12 辺境アンダーグラウンドの街ベルリン――天才的ディレッタント「ディー・テートリッヒェ・ドーリス」
第 II 部 ベルリン音楽異聞 痕跡巡り(写真+コメント)

あとがき
謝辞
初出および原型一覧
参考文献
索引


著訳者略歴

明石政紀
あかし・まさのり

著述家。札幌生まれ。1980年代前半はパンク・オルタナティヴ・ミュージックの批評、80年代後半から90年代前半までは音盤制作者(Wave-eva/evvaレーベル)。90年代後半にベルリンに転居。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

<Tower Records Intoxicate 2010年12月20日号Vol .89>
<ミュージック・マガジン 2011年2月号>
中原昌也<文学界 2011年3月号>
広瀬大介<レコード芸術 2011年7月号>

関連リンク

この本の関連書


「ベルリン音楽異聞」の画像:

ベルリン音楽異聞

「ベルリン音楽異聞」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 978-4-622-07577-6 C1073
2010年12月17日発行

この本を購入する