みすず書房

われら新鮮な旅人【definitive edition】

[詩集]

判型 A5判 タテ210mm×ヨコ148mm
頁数 144頁
定価 1,980円 (本体:1,800円)
ISBN 978-4-622-07591-2
Cコード C0092
発行日 2011年2月16日
備考 現在品切
オンラインで購入
われら新鮮な旅人【definitive edition】

著者の20代は1960年代に重なっている。最初の詩集『われら新鮮な旅人』は65年11月に思潮社から出た。ジョン・レノンと同い年の詩人25歳。その3か月後『現代詩手帖』に発表された長詩「クリストファーよ、ぼくたちは何処にいるのか」も収めた『長田弘詩集』が現代詩文庫の一冊として68年に出る。なんと鮮烈なデビューであったことだろう。そして1971年の長詩「夢暮らし」。
このたび決定版となった本書の読者は、近作『世界はうつくしいと』などで感じられる情感の円熟や人生にたいする哲学的な観想と、あまりにもちがう生々しい言葉の連なりに驚くことだろう。もちろん時代背景はあるが、恋愛詩集といえるこの詩集からは永遠の若さが、今でもびんびん伝わってくる。「匂うような空の青さが/季節のすべての記憶から/日の色を奪ってゆくように/ぼくたちは恋人/いつも新鮮な恋人!」「ふたりの貧しさはふたりの悪だということを知るんだ。」「つかのまの熱さのふちに/激しいひもじさがぼくたちを巻きつけた。」時代をも作者をも越えてわれわれに届く「詩の力」を改めて感じさせられる。

目次

われら新鮮な旅人
 吊るされたひとに
 八月のひかり
 無言歌
 春をみつける
 多島海
 誤解
 愛について
 ふたり
 パッション
 証言
 婚礼I
 婚礼II
 ブルー・ブルース
 言葉と行為のあいだには
 ぼくたちの長い一日
 かなしみの海
 われらの船
 波
 貝殻
 われら新鮮な旅人
クリストファーよ、ぼくたちは何処にいるのか
夢暮らし 

おぼえがき

書評情報

野村喜和夫
読売新聞2011年4月19日(火)
八木忠栄(詩人)
映画芸術452(2015年夏号)

関連リンク