「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



メタフィジカル・クラブ

米国100年の精神史

THE METAPHYSICAL CLUB


南北戦争は連邦存続と奴隷解放のために戦われたと理解されがちだが、実際はイデオロギー対立の殺し合いによる解消という側面が強い。62万の戦死者を出して維持された連邦、民主主義とは、一体何だったのか。
この反省に立脚し、現代に至る米国精神の礎石を築いた若き哲学者たちがいた。後の合州国最高裁判事オリヴァー・ウェンデル・ホウムズ、心理学者ウィリアム・ジェイムズ、論理学者チャールズ・サンダース・パース、教育学者ジョン・デューイである。ときに反目した彼らの思想は次の一点で一致していた。すなわち「思想は決してイデオロギーに転化してはならない」。
彼らは米国の近代化に大きな役割を果たしただけでなく、教育、民主主義、自由、正義、寛容についての米国人の考えを変えた。その思想「プラグマティズム」胚胎の場が「メタフィジカル・クラブ」――形而上学批判の意味を込めて命名され、彼らが集った議論集会であった。本書は、歴史上に一瞬あらわれたこの幻のような集会を象徴的中心として、米国100年の精神史を見事に描き切っている。米国研究の要として名高い、現代の古典である。

フランシス・パークマン賞(Society of American Historians)、ピューリツァー賞歴史部門受賞。『ニューヨーク・タイムズ』紙ベストセラー。


目次


序文

[第1部]
第1章 奴隷制をめぐる政治
第2章 奴隷制廃止論者
第3章 ウィルダネスの戦いとその後
[第2部]
第4章 二つの心をもつ男
第5章 アガシ
第6章 ブラジル
[第3部]
第7章 パース父子
第8章 誤差の法則
第9章 メタフィジカル・クラブ
[第4部]
第10章 バーリントン
第11章 ボルティモア
第12章 シカゴ
[第5部]
第13章 いくつものプラグマティズム
第14章 いくつもの多元主義
第15章 いくつもの自由

エピローグ
謝辞

精神史からの遠近法――訳者あとがきにかえて
図版所蔵一覧
原注
索引


著訳者略歴

ルイ・メナンド
Louis Menand

1952年ニューヨーク生まれ。アメリカ研究者。英米文学者。ニューヨーク市立大学大学院教授等をへて現在ハーヴァード大学教授。2001年より雑誌『ニューヨーカー』のスタッフライターもつとめる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
野口良平
のぐち・りょうへい

1967年生まれ。京都造形芸術大学通信教育部非常勤講師。哲学、言語表現論、精神史。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
那須耕介
なす・こうすけ

1967年生まれ。摂南大学法学部准教授。法哲学。著書『バーリンという名の思想史家がいた』(編集グループ〈SURE〉、2010)など。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
石井素子
いしい・もとこ

京都大学大学院教育学研究科博士課程。教育社会学。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

渡辺靖(慶應大学教授)
<日本経済新聞 2011年9月11日(日)>

関連リンク

この本の関連書


「メタフィジカル・クラブ」の画像:

メタフィジカル・クラブ

「メタフィジカル・クラブ」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/520頁
定価 7,020円(本体6,500円)
ISBN 978-4-622-07610-0 C0010
2011年8月19日発行

この本を購入する