みすず書房

記憶を和解のために

第二世代に託されたホロコーストの遺産

AFTER SUCH KNOWLEDGE

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 336頁
定価 4,950円 (本体:4,500円)
ISBN 978-4-622-07631-5
Cコード C1010
発行日 2011年8月10日
オンラインで購入
記憶を和解のために

〈ホロコーストを引き継ぐ使命は、私たちのもとに手渡された。第二世代は、まさに過去と現在を繋ぐ世代なのだ。すでに受容され、世界に向けて詳らかにされたホロコーストの事実は、歴史や神話に変容されてきた。私たちの世代は、いまいちどショアから導き出される多くの問いかけに対して、現在とのつながりにおいて考えることができるはずだ。この本は、そのような問いをめぐる一人の人間の思索であり、終わりなき苦難の歴史への長い応答である〉

著者は1945年にポーランドのクラクフに生まれた。ホロコーストを体験してきたユダヤ人の両親の下に育ち、家族とともにカナダに移住した著者は、日々の両親の沈黙や、時に発せられる過去の悲惨についての語りに戸惑いながらも、しだいに、彼ら第一世代の事実や思いを受け止め、自分自身の、そして第二世代の課題にしてゆく。
はるか彼方のホロコーストをどうやって理解すればよいのだろう? 現在を生きる私たちにとって、ホロコーストがもつ意味は何なのだろう? その意味を次の世代に伝えていくにはどうすればよいのだろう?
記憶とは、歴史とは、文学とは、アイデンティティとは、正義とは? 本書は、同時代や未来を生きる人びとに宛てた、自分自身との真摯な対話の書である。

目次

日本の読者の皆さんへ

I ホロコーストという寓話
II 心に刻みこまれた物語
III 語られた物語
IV 倫理の地平へ
V 手渡された記憶
VI 過去への旅
VII 過去から現在へ

謝辞
訳者あとがき
関連文献

書評情報

日本経済新聞
2011年9月4日
早尾貴紀(東京経済大学専任講師)
週刊読書人2011年11月18日(金)
姜尚中(東京大学教授)
朝日新聞2011年10月16日(日)
姜尚中
朝日新聞「今年の3点」2011年12月25日(日)

関連リンク