「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



仁科芳雄往復書簡集 補巻

現代物理学の開拓 1925-1993


仁科芳雄発/着の往復書簡を中心に、関連文書を数多く収めた『仁科芳雄往復書簡集』(全3巻、2006-2007)は、20世紀物理学の国内・国外の研究現場の様相を生き生きとかつ多面的に伝える、類のないものとなった。さらに理研の「ニ号」(原爆)研究やヒロシマ・ナガサキをめぐる調査や考察、米占領下の日本で戦後世界を見据えてゆく数々の書簡・文書は、現代史資料としてきわめて貴重であるだけでなく、科学者と戦争、国家と時代と科学のあり方を考えるうえで、つねに振り返るべき証拠である。日本科学史学会学会賞特別賞を受けるなど、高評を得ているしだいである。
この補巻は、『書簡集』全3巻刊行後に発見された書簡・文書・資料など490点から成る。シュレディンガーやパウリの講義を聞いた仁科の1920年代のノート、ディラック宛ての書簡にはじまり、宇宙線の研究、対称核分裂、そして「大サイクロトロン日誌」などサイクロトロン建設をめぐる一連の書簡・文書は、当時の日本の科学の最前線を鮮やかに映し出している。
とりわけこの補巻の特徴となるのは、日本の原爆研究の一端をしるす仁科芳雄・矢崎為一「核分裂によるエネルギーの利用」(1943)や、「トルーマン声明」など広島・長崎への原爆投下と敗戦前後の「敵性情報」に関する文書、1945年8月9日から1946年3月にいたる「仁科芳雄のノート」などであろう。これらは原爆と「終戦」をめぐる第一級の資料であり、今にいたる原子力問題のあり方の全貌も、ほぼ出揃っているといえる。



著訳者略歴

中根良平
なかね・りょうへい

1921年 大阪に生まれる。1943年 大阪大学理学部化学科卒業、理化学研究所(仁科研究室)入所。1962-1980年 主任研究員、1983-1987年 副理事長。理研名誉相談役、仁科記念財団常務理事。理学博士。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
仁科雄一郎
にしな・ゆういちろう

1930年 東京に生まれる。東京大学工学部電気工学科卒業後、1954年 フルブライト留学生として米国アイオワ州立大学大学院物理学専攻課程に進学、1960年 PhD取得(固体物性)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
仁科浩二郎
にしな・こうしろう

1932年 東京に生まれる。1957年 東京大学理学部物理学科卒業。1961-1966年 日本原子力研究所、1969年 ミシガン大学にてPhD取得(原子力工学)。同年より名古屋大学工学部講師、助教授を経て、1985年 教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
矢崎裕二
やざき・ゆうじ

1940年 東京に生まれる。1967年 東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻) 修士課程修了。1970年 博士課程退学。1970-2001年 都立高等学校教諭(物理担当)。2001-2006年 都立小石川高等学校嘱託。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
江沢洋
えざわ・ひろし

1932年、東京に生まれる。1960年 東京大学大学院数物系研究科修了。東京大学理学部助手。1963年 米・独に出張。1967年 帰国。学習院大学助教授、1970年 教授、2003年 名誉教授。理学博士。専攻 理論物理、確率過程論。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「仁科芳雄往復書簡集 補巻」の画像:

仁科芳雄往復書簡集 補巻

「仁科芳雄往復書簡集 補巻」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/688頁
定価 17,280円(本体16,000円)
ISBN 978-4-622-07645-2 C3342
2011年11月24日発行

この本を購入する

<在庫僅少です>