「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



目立たぬものの精神病理

PSHYCHOPATHOLOGIE DES UNSCHEINBAREN

Ausgewahlte Aufsatze


主著『自明性の喪失』などで、人間学的精神医学、哲学と精神療法における理論と実践に大きな業績を残したブランケンブルクの、死後に編まれた論文集。心身問題、妄想の現存在分析、精神医学における弁証法的考察などをテーマに、代表的な論文10編を集める。
「精神科医は、医者としてつねに人間的実存の全体と関わりをもつ。この全体は、尋常ならざるほど複雑なものであり、したがって科学的なアプローチがひたすら困難なものである。しかし、科学的にそれに近づきたいという欲求を退けることはできない。〈科学的な〉手法をとるということはつまり、出会いにさらに思考を参加させることにほかならない」(本書より)。
「われわれは今後もブランケンブルクを読む努力を惜しんではならない。そこには精神病理学の今後の展開へ向けての、無尽蔵の宝が隠されている」(木村敏『関係としての自己』より)。


目次


まえがき
序説
〔1〕 あるテーマが妄想へと独り歩きをすること
〔2〕 妄想の人間学的・現存在分析的な見方
〔3〕 コモン・センスの精神病理学への手がかり
〔4〕 「人間学的均衡」という考えについての基本的なこと
〔5〕 精神医学的な対話のもつ誘発的要因について
〔6〕 精神医学における弁証法的な見方はどれほどの射程をもつか
〔7〕 患者の「苦の重圧」が精神療法と精神病理学にとって意味するもの
〔8〕 精神医学における身体[ケルパー]と身体[ライプ]
〔9〕 未来完了パースペクティヴ──患者の人生歴を解明するにあたってのその意味
〔10〕 精神医学的観点から見た現存在の時熟

訳者あとがき
文献表
略歴と業績
初出一覧


著訳者略歴

ヴォルフガング・ブランケンブルク
Wolfgang Blankenburg

1928年5月1日、ドイツのブレーメン生まれ。1947年からフライブルク大学で、ハイデガーなどに師事して哲学を学び、1950年、医学部に転入。1963年、フライブルク大学精神神経科医長。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
木村敏
きむら・びん

1931年生まれ。京都大学名誉教授、河合文化教育研究所主任研究員。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
生田孝
いくた・たかし

1949年生まれ。1982年、名古屋市立大学医学部精神医学教室に入局。木村敏、清水將之両先生に師事。1991-92年、ドイツ・マールブルク大学医学部精神医学教室ブランケンブルク教授のもとに留学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
小林敏明
こばやし・としあき

1948年生まれ。ライプツィヒ大学東アジア研究所日本学科教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鈴木茂
すずき・しげる

1973年、東北大学医学部卒。2007年より楽メンタルクリニック院長。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
渡邉俊之
わたなべ・としゆき

1958年生まれ。1988年、名古屋市立大学医学部卒。2009年よりわたなべメンタルクリニック院長。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
和田信
わだ・まこと

1992年、京都大学医学部卒。現在、埼玉県立がんセンター精神腫瘍科科長兼副部長。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「目立たぬものの精神病理」の画像:

目立たぬものの精神病理

「目立たぬものの精神病理」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/400頁
定価 5,184円(本体4,800円)
ISBN 978-4-622-07663-6 C3011
2012年9月24日発行

この本を購入する