「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



黒人の政治参加と第三世紀アメリカの出発【新版】

著者
中島和子

〈結局、南部へ行くことへの反対は、アメリカ社会のタブーに触れることに対する反対で、つきつめて言えば、「黒人問題はアメリカの恥部だから見てもらいたくない」であった。
この、反対のエッセンスに触れたとき、私は非常に心外に思い、何とかその誤解を解こうと必死の努力を試みた。つまり私は黒人運動に対してアメリカ人と異なった見方をしており、重箱の隅をほじくるような気持は微塵もないこと、むしろ黒人解放運動のなかに、将来アメリカ民主主義を推進してゆくべき輝かしい歴史的役割を見出しているのだということを説明しようとした。〉
アメリカの真の民主主義とは? ロバート・F・ウィリアムズの黒人運動と日本における救援活動、キング牧師の非暴力直接行動とキリスト教、公民権法制定にいたる政治過程、1977年に南部出身のカーターが大統領に就任した歴史的意味… 奴隷であり少数者であった黒人が、南部だからこそ可能となった運動を通して、政治の重要な主体へと変貌する1960‐70年代の動向を分析する。
留学中に黒人運動に触発されて研究を始めた著者の集大成。1989年に刊行され、類のない業績として評価された本書の新版を、ここにおくる。

[カバー装画 高良真木]


目次


新版へのはしがき
はしがき

序章 問題提起――1961年、胎動するアメリカ南部
第1節 旅の開始
第2節 手段の問題
1 武装せる自己防衛方式/2 非暴力直接行動方式
第3節 状況の相違――「非暴力の町」アトランタの成功
1 白人リベラルズのリベラリズム/2 保守系白人市民の対外用仮面(マスク)/3 黒人リーダーシップの相互補完性
第4節 政治風土
1 集中的弾圧/2 亡命に至る記/3 キューバ革命とアメリカ黒人
第5節 残された問題――新しい旅への開始

第一部 非暴力闘争の苗床となった黒人の伝統的政治文化をたずねて
まえがき
第一章 キリスト教転化の論理――支配の宗教から反乱・抵抗・革命の宗教へ
始まり
第1節 キリスト教浸透の二型
第2節 奴隷反乱の指導者とそのキリスト教
1 適応のメカニズム/2 抵抗のメカニズム
第3節 キリスト教転化の三契機
1 キリスト教の歴史的転化/2 教義の歴史的変貌/3 黒人の信仰生活における転化の契機
第4節 黒人宗教のジレンマ
1 黒人霊歌の役割/2 黒人説教師の二重の演出
第5節 黒人教会の独立性
1 奴隷解放と黒人教会/2 黒人の政治進出/3 逆流のなかの避難所/4 人種差別の盲点
第6節 黒人牧師の政治性
1 ブラック・ブルジョアジー/2 黒人牧師の特殊性/3 偽装世界への逃避
第7節 教会内政治から街頭政治へ
1 黒人牧師とその自由/2 教会内政治から街頭での政治闘争へ
第8節 まとめ

第二章 抵抗の思想・救世の思想――非暴力直接行動の英雄・キング牧師
第1節 非暴力抵抗とアメリカの土壌
第2節 シンボルとしてのキング牧師
第3節 抵抗の思想・救世の思想
第4節 人種を越え、国境を越えて
第5節 山頂へ至る道

第二部 黒人の政治参加とアメリカ政治へのインパクト
まえがき
第一章 〈圧力団体活動を通して〉 1964年公民権法制定をめぐる政治ダイナミクス
第1節 ケネディ大統領の苦悩
1 否定の立法過程/2 連邦制の厚い壁/3 政治潮流を変えた街頭政治
第2節 逆転の立法過程
1 下院――成功への二つの鍵/2 叡智の結晶・議会戦術/3 院外からの集中的な圧力活動/4 上院――「討論終結」を目指して/5 院内リーダーシップの抗争/6 院外からの集中的な圧力活動
第3節 逆転への圧力とその効果の比較
1 鍵を握る転向議員/2 転向への圧力とその効果の比較/3 世論の圧力/4 政治潮流は右旋回から左旋回へ

第二章 〈街頭での抗議運動を通して〉 非暴力直接行動の政治的効果――1964年公民権法制定をめぐって
第1節 暴力甘受とその効果
第2節 政治的柔術とそのメカニズム
第3節 成功への社会的条件
第4節 自己防衛方式との比較
第5節 まとめ

第三章 〈政党への参加を通して〉 ミシシッピー民主党への黒人の挑戦――1964年、全国党大会での資格審査をめぐって
第1節 草の根における黒人の台頭
第2節 弾圧と差別の証言
第3節 連邦議会への挑戦
第4節 二大政党・改革への先鋒

第四章 〈選挙権を通して〉 生まれかわる南部政治――ジョージア州を中心として
第1節 草の根運動――黒人選挙権の獲得
第2節 リベラル連合から政治への直接参加へ――1961年アトランタ市長選挙
第3節 政治制度的性格
第4節 革新の突風――議席再配分
第5節 全国政治を目指して

第五章 全国政治における黒人政治の出発――1972年大統領選挙をめぐって
第1節 黒人政治家の噴出
第2節 階級、人種(エスニシティ)、政治文化
第3節 反黒人・多数派の時代
第4節 端数者の権利と機能
第5節 黒人はアメリカを変えうるか

第三部 第三世紀へ出発するアメリカ
第一章 カーター政権の誕生とその歴史的意味
第1節 建国200年の転機
第2節 予期されなかった南部人大統領の誕生
第3節 北部の偏見に抗する南部の結束
第4節 南部を治癒する者は国を治癒する
第5節 新大統領を生んだ南部的政治風土
第6節 人民党(ポピュリスト)カーターに託す南部の夢
1 カーターはどんな“魔術”を使ったか/2 南部の伝統を破ったカーター州知事
第7節 開花した黒人票の潜在力
第8節 60年代改革とカーターの当選

第二章 変貌するアメリカ政治
第1節 二大政党の変化
第2節 敵対的相互依存の連合
第3節 良性等に対する拒否反応
第4節 政党の衰退
第5節 参加デモクラシー
第6節 まとめ

終章 日本人とアメリカ人――ロバート・F・ウィリアムズの救援をめぐって
第1節 人権・反人種差別・平和運動の一貫性
1 孤立・謀略・弾圧/2 日本からの署名の効果/3 逆転の法廷/4 差別撤廃から核兵器廃絶へ/5 日本人との連帯へ向かって
第2節 私たちは、運動をこうとらえる
1 運動の進め手にとって/2 ある批判への率直な回答――カール・ヨネダ氏への反論
第3節 記念碑ひとつ、ここに建ちたり――救援会活動の成果を問う
資料I 年表――日本の救援活動を中心とする/資料II ロバート・F・ウィリアムズの生命と人権を守る会の発起人名簿/資料III 国内での署名の訴え/資料IV 国外への訴え/資料V ウィリアムズからの通信/資料VI 救援活動についての掲載誌紙

新版へのあとがき――その後のロバート・F・ウィリアムズについて
初出掲載誌一覧
参考文献
事項索引
人名索引


著訳者略歴

中島和子
なかじま・よりこ

1956年、同志社大学法学部政治学科卒業。1958年、同志社大学法学研究科政治学専攻修士課程修了。1958-61年、The Barbour奨学金を得て米国ミシガン大学大学院政治学部に留学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「黒人の政治参加と第三世紀アメリカの出発【新版】」の画像:

黒人の政治参加と第三世紀アメリカの出発【新版】

「黒人の政治参加と第三世紀アメリカの出発【新版】」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/496頁
定価 6,820円(本体6,200円)
ISBN 978-4-622-07664-3 C1031
2011年12月22日発行

この本を購入する