みすず書房

精神医療過疎の町から

最北のクリニックでみた人・町・医療

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 208頁
定価 2,750円 (本体:2,500円)
ISBN 978-4-622-07670-4
Cコード C0011
発行日 2012年1月20日
オンラインで購入
精神医療過疎の町から

2007年春、一人の精神科医が北海道名寄市でクリニックを開業した。日本最北の精神科クリニックである。名寄市を含む上川北部には、精神科の病院は市立病院しかない。人口7万人を超える上川北部は、精神医療が極端に手薄な「精神医療過疎の町」だったのである。
これまで主に東京のクリニックで診療をつづけてきた著者は、名寄での診察を通して、厳しい北国の現実を知る。膨大なうつ病患者、頻発する自殺、過疎による一人暮らしの高齢者の多さ、超少人数学級と子どもの発達障害……。著者がクリニックの診察室から目の当たりにしたのは、単に人口の減りゆく町の姿ではなく、精神医療や教育の機会も減りゆく町の姿だった。
クリニック開設時、著者はパンフレットにこう書いた。「全国並みの、あたりまえの精神医療を提供したい」—そんな著者の想いはどこまで届くのか。精神医療過疎の町に生きる人々の姿を描く、静かな怒りに満ちたエッセイ。

目次

名寄へ
ひとまず、自殺の減った町
「諦観」と「去勢」
精神科医が足りない?
子どもたちの姿
診断と教育現場
北国のうつ病点描
「統合失調症」を生きる
老人医療の世界
町が死ぬということ
震災と医者
過疎の町で生きる

とりあえずのエピローグ

書評情報

読売新聞
2012年3月11日(日)
毎日新聞
2012年2月20日(日)
渡邊十絲子(詩人)
毎日新聞2012年3月4日(日)
北海道新聞
2012年3月18日(日)
クレヨンハウス通信
2012年4月号
日本経済新聞
2012年2月19日(日)
丸山敬
日経サイエンス2012年8月号
婦人公論
2012年5月7日号

関連リンク