「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



知識と経験の革命

科学革命の現場で何が起こったか

REVOLUTIONIZING THE SCIENCE

European Knowledge and its Ambitions, 1500-1700, second edition


鳥は飛び方を知っているだろうか? 本書はそんな風変わりな問いから始められる。アリストテレスによれば、飛んでいること(経験)はすなわち飛び方を知っていること(知識)を意味しており、こうした知識のあり方は中世に至るまでヨーロッパを支配していた。
しかし科学革命と呼ばれる時期を経て、知識と経験の関係は一変する。科学革命とは、知識とそれを獲得する方法の概念が再構成された、史上に並ぶもののない驚くべき革命だったのである。
ガリレオ、ケプラー、デカルト、ニュートンといった科学者=哲学者たちが、いかに自然法則の探究を試みたか。また、彼らはどのようにその研究生活を生業とし、獲得した知識を広めることができたのか。本書では彼らを支えたパトロン、自然哲学の実践者としての職人の存在、さらには当時新設が相次いだ学術機関など、同時代的な社会環境にも光を当てる。
科学はいかに自然法則を「理解」することから、「利用」することへと革命されたのか。知識の〈道具性〉という概念をキーワードに、これまでの文献を渉猟し、かつ新たな好奇心への道標も用意した、科学革命期の最良の見取り図。


目次


第二版への序文

序論 自然哲学と道具性
I 知識とその歴史
II 自然界についての中世哲学者の考え方
III ルネサンスと革命
第1章 1500年には何に知的価値がおかれていたか
I ユニバーシティのユニバース〔大学で教えられた宇宙像〕
II 自然知識と自然哲学
III 天文学と宇宙論
IV 大学を超えて
V 学者生活と日常生活
第2章 ヒューマニズムと古代の知恵――一六世紀の学び方
I 言葉と知恵
II 科学ルネサンス
III 古代人のやり方を見つけ出す
IV 更新・革新・受容
V 復興と新しい哲学プログラム――復活したアルキメデス
第3章 錬金術師と職人と学者と
I オカルトを自由に扱う
II 職人の知識とその代弁者
III フランシス・ベイコン――哲学・実用知識・古代の位置づけ
IV 知識と国政
第4章 数学が哲学に挑戦する――ガリレオ、ケプラー、実用数学者たち
I 自然哲学 vs. 数学
II 数学的哲学者ガリレオ
III 数学的諸学の地位向上と認識論的野心――ガリレオとケプラー
IV 知ること、為すこと、そして数学
第5章 機械論と粒子――デカルトが宇宙を構築する
I 知る者に見合う世界
II 神の精神の内奥に至る
III 運動する物体
IV 実践的類比を通してデカルトの宇宙を信じること
V デカルトのコスモス
VI デカルト自然学の成功
第6章 正規教育外の活動――自然知識のための新しい館
I 変転する住まい
II ガリレオ――大学から宮廷へ
III パトロンとクライアント
IV パトロンと学術機関
V 空間を制覇するための学術機関――博物誌とヨーロッパの地球制覇
第7章 実験――自然に関する17世紀の学び方
I 経験を配置し直す
II 数学的な実験法
III 医学的野心と生理学的実験法
IV 「ベイコン的な」実験法
第8章 デカルト主義者とニュートン主義者
I フランスにおけるデカルト的自然哲学
II ニュートン的選択肢
III ニュートン主義
結論 18世紀までに、何に知的価値が置かれるようになったか

訳者あとがき

登場人物一覧
主要事項略解
典拠資料と推奨文献
索引


著訳者略歴

ピーター・ディア
Peter Dear

コーネル大学教授。科学史専攻。1958生まれ。本書初版で2002年アメリカ科学史学会よりHelen and Miles Watson David Prizeを贈られた。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
高橋憲一
たかはし・けんいち

1946年生まれ。1970年早稲田大学理工学部電気工学科卒業。1979年東京大学大学院理学研究科退学(科学史・科学基礎論専攻)。1990年理学博士(東京大学)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

訳者からひとこと――「科学革命について物語ること」

このところ科学史業界では「科学革命論」が盛況を見せている。かつてのように、迷信から科学へといった啓蒙主義史観が唱えられることはなくなったが、その科学の成立をめぐっては議論が喧しい。 ...続きを読む »

関連リンク

この本の関連書


「知識と経験の革命」の画像:

知識と経験の革命

「知識と経験の革命」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
定価 4,536円(本体4,200円)
ISBN 978-4-622-07676-6 C1040
2012年3月19日発行

この本を購入する