「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ルネサンスの秋

1550-1640

THE WANING OF THE RENAISSANCE

1550-1640


ヨーロッパ・ルネサンスの最盛期は、ほぼその衰退期にもあたっていた。国家・宗教・学問・言語・時間・空間・「自己」概念をはじめとして、各分野や世界観がゆるぎ、統一と分裂がある意味では同居していた時代であった。一つの時代の終焉と西欧近代の始まり、上昇する運動と下降する運動の同時性を、統治者であれ、民衆であれ、知識人であれ、同時代人たちはどのように考え、生き、何を欲したのか。
モンテーニュ、ジャン・ボダン、パオロ・サルピ、ガレリオ・ガリレイ、リチャード・フッカー、ベン・ジョンソン、シェイクスピア、ホッブズ、セルバンテスなどが国家のあり方、政治経済、宗教、哲学から新科学、新世界、演劇、男女関係、普通の生活まで多種多様に書き残したものを手がかりに、その二重の像のダイナミズムを明らかにする。類をみない仮説から従来にないルネサンス像を現前させた、碩学による画期的著作。ブルクハルト、ホイジンガを継ぐ、現代の古典ともいえる書である。


目次



凡例

序文
第1章 ヨーロッパの文化的共同体
第2章 「自己」の解放
第3章 「知識」の解放
第4章 「時間」の解放
第5章 「空間」の解放
第6章 「政治」の解放
第7章 「宗教」の解放
第8章 「時代」の悪化
第9章 ルネサンス期の「演劇」と「私」の危機
第10章 文化的秩序に向かって
第11章 再編された「自己」
第12章 確実さの探求――懐疑論から客観知(サイエンス)へ
第13章 歴史意識の衰退
第14章 社会的・統治的秩序
第15章 宗教的秩序
第16章 芸術的秩序
結語

訳者あとがき
参考文献
索引


著訳者略歴

ウィリアム・J・バウズマ
William J. Bouwsma

1923-2004。ミシガン州リンカンで育ったオランダ系アメリカ人。ハーヴァード大学卒業後、三年間、空軍に在籍し、母校に戻って1950年Ph. D.を取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
澤井繁男
さわい・しげお

1954年札幌市生まれ。東京外国語大学卒業。京都大学大学院博士課程満期退学。現在 関西大学文学部教授。イタリア・ルネサンス文学・文化専攻。東京外国語大学論文博士(学術)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

石黒盛久(金沢大学教授)
<図書新聞 2012年12月15日>
上村忠男(学問論・思想史)
<図書新聞「2012年下半期読書アンケート」 2012年12月22日>

関連リンク

この本の関連書


「ルネサンスの秋」の画像:

ルネサンスの秋

「ルネサンスの秋」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/376頁
定価 6,600円(本体6,000円)
ISBN 978-4-622-07687-2 C1022
2012年9月20日発行

この本を購入する