みすず書房

さまよう魂がめぐりあうとき

QUAND REVIENNENT LES AMES ERRANTES

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 224頁
定価 3,080円 (本体:2,800円)
ISBN 978-4-622-07745-9
Cコード C0097
発行日 2013年5月17日
オンラインで購入
さまよう魂がめぐりあうとき

「これほどの憤激と苦しみから、なぜこれほどの情熱と優しさが生まれるのか。夢みたこと、生きたことを語ることこそ、人間にできるすべてではないか。切れ切れに断片的にではなく、おこったことのすべてを、その時間的な経過のなかで語ること。」

フェミナ賞受賞作『ティエンイの物語』で高い評価をうけた中国系フランス作家の最新作。紀元前三世紀、秦の始皇帝を暗殺しそこなった荊軻、その十年後にふたたび皇帝を狙う打楽器筑の名人高漸離、二人の男と友愛で結ばれる春娘。この男女三人の織りなす運命を、ギリシア古代劇のように語るこの小説は、三つの魂がめぐりあうクライマックスで詩となって謳いあげる。
フランス語の作家となるまでの数十年を振り返り、この言語への情熱を明かすエッセイ『ディアローグ(対話)』、および訳者による作家訪問記を併録。バルトやラカンとも交流のあったフランソワ・チェンの文学的本質を、ようやく伝えられる一冊。

目次

さまよう魂がめぐりあうとき

ディアローグ(対話)——フランス語への情熱

縁組した言葉で作家になること——フランソワ・チェンに訊く(辻由美)

訳者あとがき

書評情報

豊撝由美
婦人公論2013年7月22日号
鶴ヶ谷真一
南陽堂古書目録2013年秋号

関連リンク