「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



心理学的自動症

人間行動の低次の諸形式に関する実験心理学試論

L’AUTOMATISME PHYCHOLOGIQUE

Essai de psychologie experimentale sur les formes inferieures de l’activite humaine


P・ジャネはフロイトと同時代に活躍し、解離や下意識などの重要概念を発見して精神医学の基礎を築いた。20世紀後半、解離性障害や多重人格性障害が注目されてから、その洞察が再び注目を集め、臨床実践に深い影響を与えることになる。
本書はジャネの代表作にして「力動精神医学の体系を打ち立てた〈記念碑的著作〉」(エレンベルガー)。人間の精神を、それを構成する原初的要素的な心理事象に還元して観察し、「心理学」という自然科学に即した学問領域を築く試みだ。
自動症とは、意識的意思のコントロールを離れて無意識がひとりでに動き出し、その個人の思考や行動を支配する事態をいう。ヒステリー患者にみられるこの心理現象の観察を通して、ジャネは人間心理の奥底にある無意識の存在に辿りつく。

〈患者たちの多彩な病態を入念に観察して記述し、彼女たちが体現している奇異な様態がこの自動症によるものと説くジャネの記述のみごとさに驚かない人はいないであろう〉〈臨床の具体的な姿から無意識を見いだし、さらにそれを「下意識」と修正し、その下意識がフロイトの無意識あるいはエスと次元を異にする概念となってゆく過程も、興味の尽きない「読み物」となっている〉(訳者あとがき)

当時隆盛していた悪魔祓いや心霊現象なども心理学の言葉で捉え直され、治療的な視界が開かれていく。
ヒステリー患者の治療を通して無意識の存在が発見され、夥しい症例が「心理学」という新しい学問に結実していく過程がまざまざと記述される。心理学の誕生を告げる基本文献、待望の翻訳。


目次



第一部 全自動症
第一章 心理現象を個々別々に切り離して観察する試み
I カタレプシー状態に現れる心理現象の記述
II カタレプシー現象の機械論的解釈、心理学的解釈
III カタレプシーの心理学的解釈――夢遊病状態との比較
IV 意識の原初的形態――断片的な感覚事象、断片的なイメージ
V カタレプシー状態下の意識
VI カタレプシーに類似した状態下の意識
VII カタレプシー、この特異な現象の解釈
結語

第二章 忘却と多彩な心理学的存在の経時的出現
I 夢遊病状態を理解するために指摘されてきた多彩な特徴
II 夢遊病状態の本質的特徴――覚醒時の忘却、交代する記憶
III 記憶の交代、その多様性と複雑性
IV イメージの記憶とその忘却をきたす条件
V 複雑な心理現象の記憶と忘却の条件
VI 夢遊病状態後の覚醒時における忘却、その解釈
VII 多様な心理存在の経時的出現――自然発生性の人格変化
VII 多様な心理存在の経時的出現――人為性夢遊病状態期の人格変化
結語

第三章 暗示、意識野の狭窄
I 暗示理論の歴史的展望
II 暗示によって誘発される心理現象、その記述
III 暗示に関する心理学的理論
IV 記憶喪失と放心
V 意識野の狭窄
VI 暗示現象の解釈、知覚の領域
VII 暗示に掛かりやすい人たちの特徴
結語

第二部 部分自動症
第一章 下意識の行動
I 部分カタレプシー
II 放心状態、下意識の活動
III 後催眠暗示、その歴史と文献
IV 暗示された行為を遂行するのは、新たに夢遊病状態に入ってである
V 後催眠暗示の遂行は下意識の領域でなされる
結語

第二章 感覚麻痺、心理現象の同時的存在
I 系統性感覚麻痺、その文献的展望
II 系統性感覚麻痺があるにもかかわらず、感知されたことは残存している
III 選択性、系統性感覚獲得
IV 完全な感覚麻痺、ヒステリー患者の自然発生性麻痺
V 感覚麻痺に関する仮説
VI 心理学的統合不全(解離)
VII 多数の心理学的事象が同時的に存在すること
VII 同時的心理学的存在、経時的心理学的存在、その両者の比較検討
IX 多数の心理学的現象が同時的に存在すること、その相対的重要性
X 感覚麻痺と運動麻痺との関連
XI 運動麻痺、拘縮を心理学的統合不全(解離)から説明する試み
結語

第三章 心理学的統合不全(解離)の多彩な形態
I 魔法の杖、探索振り子、思考読み取り
II 心霊現象の歴史、その概要
III 心霊現象をめぐる数々の仮説
IV 心霊現象と心理学的統合不全(解離)
V 心霊現象と夢遊病状態との比較
VI 心霊現象を説明する脳の二重説
VII 衝動的狂燥
VII 固着観念、幻覚
IX 憑依現象
結語

第四章 精神力とその衰弱
I 心理学的貧困
II 正常な活動の下層にある心理学的形態
III 判断力と意思
結語

結論

付録(症例の要約)
原註
訳者あとがき――心理学の誕生


著訳者略歴

ピエール・ジャネ
Pierre Janet

1859-1947。パリに生まれる。フロイトとならぶ代表的心理学者。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
松本雅彦
まつもと・まさひこ

1937年に生まれる。精神科医。1964年京都大学医学部卒業。阪本病院、京都大学精神科勤務を経て、京都大学医療技術短期大学部教授、京都府立洛南病院院長、京都光華女子大学教授を経て、現在稲門会いわくら病院勤務。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

江口重幸(東京武蔵野病院)
<こころの科学 2013年9月号>

関連リンク

この本の関連書


「心理学的自動症」の画像:

心理学的自動症

「心理学的自動症」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/536頁
定価 7,700円(本体7,000円)
ISBN 978-4-622-07758-9 C1011
2013年4月19日発行

この本を購入する