「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



現実のユートピア

フランコ・バザーリア著作集

L’UTOPIA DELLA REALTtÀ


〈精神医学における自由の発見は、精神病院の外に出た精神を病む人の問題を生み出した。事実、人々は至るところに鉄格子、鍵、扉があり、技術もなく、時には人間性もない医療従事者の壁があることに感謝してきた。それでも問題は、とにかく扉を開くことである〉
イタリア精神医療改革の父と呼ばれ、公立精神病院の廃絶を定めた「精神保健に関する法律180号」成立の中心的人物となった精神科医、フランコ・バザーリア。本書はバザーリアの妻であり、彼の改革運動を支えつづけたフランカ・オンガロによって編まれた著作集である。
精神病院は患者と治療者の関係を規定し、また同時に多くの専門家・技術者を生み出し、彼らに患者の管理と病棟の秩序維持を委ねてきた。本書に収められた18篇の論考は、バザーリアがいくつもの精神病院の経験からいかに精神病院の廃絶=脱施設化の思想へと至ったかを詳らかにする。
精神病院という名の収容所を棄て、地域社会で病める人を支えていくとはどういうことなのか――。今日のわが国の課題にも通ずる、精神医療改革の生々しい現場を物語る重要書。


目次


序文 現実のユートピア
――フランコ・バザーリアとその生涯をかけた事業  マリア・グラツィア・ジャンニケッダ
緒言  フランカ・オンガロ・バザーリア
フランカ・オンガロ・バザーリアの経歴  マリア・グラツィア・ジャンニケッダ

第1章 不安と自己欺瞞
――神経症者の人間状況
第2章 施設化空間としての精神病院解体
――「閉鎖空間」の屈辱と自由、「オープンドア」システムの検討
第3章 身体、まなざし、そして沈黙
――精神医学における主観性の謎
第4章 施設精神医学の問題
――社会‐精神医学的カテゴリーとしての排除
第5章 神経症者の表現としての身体イデオロギー
――神経衰弱型神経症
第6章 身体と施設
――施設精神医学の課題に関する人類学的、精神病理学的考察
第7章 施設の危機か? 精神医学の危機か?
第8章 『精神医学とは何か?』序文
第9章 最終解決
第10章 暴力の施設
第11章 事件/事故の問題
第12章 施設管理と運営の問題
第13章 写真集『ありえない死に方』序文
第14章 ニューヨークからの報告
――人工患者
第15章 逸脱したマジョリティ
第16章 平和時の犯罪
第17章 混乱した行為
――社会的諸関係におけるその機能
第18章 『桑園』序文

訳者あとがき
初出一覧
フランコ・バザーリア全著作目録

索引


著訳者略歴

フランコ・バザーリア
Franco Basaglia

1924-1980。ヴェネツィアに生まれる。1948年、パドヴァ大学卒業。ゴリツィア県立精神病院、パルマ県立コロルノ精神病院、トリエステ県立精神病院の院長を歴任した。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
フランカ・オンガロ・バザーリア
Franca Ongaro Basaglia

1928-2005。ヴェネツィアに生まれる。フランコ・バザーリアの妻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
梶原徹
かじわら・とおる

1948年、東京都墨田区に生まれる。1974年、東京大学医学部医学科卒業。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「現実のユートピア」の画像:

現実のユートピア

「現実のユートピア」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/408頁
定価 7,776円(本体7,200円)
ISBN 978-4-622-07760-2 C1011
2019年8月19日発行

この本を購入する