「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アーツ・アンド・クラフツ運動

THE ARTS AND CRAFTS MOVEMENT

A Study of its sources, ideals and influence on design theory [2nd editon]


「イギリス国内でのデザインの発展にとどまらず、近代西洋世界において運動が国際的に展開していったさまを丹念に描いており、この分野について学びたいという人には必読の基本文献であるといってよいだろう。また、アーツ・アンド・クラフツ運動の歴史をこのようなスケールで記述した日本語文献は管見では見当たらない」
(「訳者あとがき」より)

クラフツマンシップをいかに回復するか。実用品にいかに美的要素を盛り込むか。ジョン・ラスキン、ウィリアム・モリスの影響下に19世紀末のイギリスに生まれ、アール・ヌーヴォー、ウィーン分離派、ユーゲントシュティールのみならず日本の民芸運動など世界各国に影響をおよぼしたプレモダニズム期最大の工芸デザイン運動、「アーツ・アンド・クラフツ」。本書はその全史を一望する古典的名著であり、「必読の基本文献」である。図版多数収録。


目次


謝辞/まえがき

序論
1 源流
ピュージン/一八三五年の委員会/ヘンリー・コールとサマリー商会の事業/大博覧会
2 ラスキンの「新しい道」
労働者の真の機能/社会問題への関与/セント・ジョージのギルド
3 理論から実践へ――ウィリアム・モリス
ラファエル前派とデザイン/モリス商会の結成/デザインのプロセスの定義/芸術の民主主義/ケルムスコット・プレス
4 ギルドとそのデザイナーたち
マクマードウとセンチュリー・ギルド/アート・ワーカーズ・ギルド/アーツ・アンド・クラフツ展覧会協会/ウォルター・クレイン
5 ギルドのデザイナーたちと産業
陶磁器/家具/ガラスとテキスタイル/銀細工と金属細工/「芸術振興と芸術の産業への応用のための全国協会」
6 アシュビーと機械の工芸
チッピング・カムデンでのギルド・オヴ・ハンディクラフト/フランク・ロイド・ライト
7 効率的な様式にむけて
レサビーとセントラル・スクール/ヨーロッパの解釈
8 統合か、失墜か?

原注/主要参考文献
訳者あとがき/索引


著訳者略歴

ジリアン・ネイラー
Gillian Naylor

1931年、英国シェフィールドに生まれる。オクスフォード大学で英文学を学んだ後、カウンシル・オヴ・インダストリアル・デザインの機関誌「デザイン」の編集に携わる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
川端康雄
かわばた・やすお

1955年、横浜に生まれる。明治大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。日本女子大学文学部教授。イギリス文学、イギリス文化研究。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
菅靖子
すが・やすこ

1968年、福岡県に生まれる。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。ロイヤル・コレッジ・オヴ・アート博士課程修了(Ph.D.)。津田塾大学学芸学部准教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

高島直之(美術評論家)
<東京新聞 2013年8月11日(日)>
藪 亨(大阪芸術大学教授)
<図書新聞 2013年10月19日(土)>

関連リンク

この本の関連書


「アーツ・アンド・クラフツ運動」の画像:

アーツ・アンド・クラフツ運動

「アーツ・アンド・クラフツ運動」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/352頁
定価 5,184円(本体4,800円)
ISBN 978-4-622-07761-9 C1070
2013年6月10日発行

この本を購入する