「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



食べられないために

逃げる虫、だます虫、戦う虫

HOW NOT TO BE EATEN

The Insects Fight Back


昆虫の偉大な役割、それは「食べられること」だ。昆虫は貴重な栄養源として、生態系を支えている。けれども虫のほうもやすやすと食べられたりはしない。逃げ、隠れ、だまし、あらゆる戦術を駆使してたくましく生きている。
姿を見せたまま隠れるカマキリ、鳥の糞が点々と落ちているように見せるイモムシの集団、ヘビの頭そっくりのスズメガの幼虫、毒液を噴射するナナフシ。尾に目玉模様をつけ、本物の目玉と逆方向に逃げるハゴロモ。これはフィクションだろうか? そう思ってしまうほど、虫たちの作戦は予想外で多種多様だ。
「食べられないために」次々と護身術を繰り出す昆虫と、それを出し抜こうとする捕食者。その驚くべきせめぎあいを、アメリカを代表する昆虫学者が解き明かす。
昆虫と捕食者の豊かな関係は、生態系がどのように機能しているのかを端的に教えてくれる。地球上でもっとも精巧な生物・昆虫の生存戦略は、進化の小さな奇跡だ。


目次


プロローグ
謝辞
第一章 生命の網をつむぐ昆虫
第二章 虫を食べるものたち
第三章 逃げる虫、隠れる虫
第四章 姿を見せたまま隠れる
第五章 鳥の糞への擬態、さまざまな擬装
第六章 フラッシュカラーと目玉模様
第七章 数にまぎれて身を守る
第八章 身を守るための武器と警告シグナル
第九章 捕食者の反撃
第十章 相手をだまして身を守る
エピローグ

訳者あとがき
主な引用文献
索引


著訳者略歴

ギルバート・ウォルドバウアー
Gilbert Waldbauer

昆虫学者。1928年、アメリカ・コネティカット州に生まれる。1953年マサチューセッツ大学卒業。1953年から1995年までイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校昆虫学学科で教鞭をとる。イリノイ大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中里京子
なかざと・きょうこ

翻訳家。早稲田大学教育学部卒業。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

成田全<ダ・ヴィンチ電子ナビ 2013年8月9日(金)>
海部宣男<毎日新聞 2013年9月22日(日)>
森山和道<日経サイエンス 2013年12月号>

関連リンク

この本の関連書


「食べられないために」の画像:

食べられないために

「食べられないために」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
定価 3,672円(本体3,400円)
ISBN 978-4-622-07766-4 C0045
2013年7月19日発行

この本を購入する