「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



精神分析を語る

著者
藤山直樹
著者
松木邦裕
著者
細澤仁

フロイトが精神分析を創始してから一世紀以上の時が過ぎ、こころの科学を取り巻く状況が一変しつつある今日、精神分析はわれわれに何をもたらすのだろうか。
自由連想と解釈をめぐる技法論、トレーニング、カウチの使用や分析の頻度、料金の問題、心理学・精神医学との接点……。わが国の精神分析界を牽引してきた臨床家が、精神分析臨床を実践するうえでの現実的課題と展望を縦横無尽に語る。
テクニカルな議論のみならず、自身を育んだ精神分析家や患者との出会い、臨床家としてのバックボーンなど、随所に語られる三者それぞれのパーソナルな精神分析観が交錯し、精神分析臨床家という生き方が立体的かつリアルに体験されるだろう。
治療として、文化として、また生き方としての精神分析臨床の現在地を探る、出色の精神分析談義。


目次


まえがき

第 I 部 精神分析とは何か?
精神分析との出会い
精神分析家との出会い
精神分析の意味
「精神分析家になる」とはどういうことか
師弟関係をめぐって

第 II 部 精神分析のかたち
「精神分析」と「精神分析的精神療法(心理療法)」
分析可能性
解釈とはどういうことか
「解釈の内容」と「解釈という行為」
解釈の失敗
精神分析のプロセス
料金の問題
精神分析的臨床で生活できるか
カウチ、あるいは分析の空間
精神分析と心理学
精神分析と精神医学
精神分析のテクストを読む
本を書くということ
歳をとるということ

第 III 部 精神分析的心理療法の実際
事例の概要
心理療法過程
導入
面接空間で生起したこと
面接空間で生起した事態の意味
期限設定の意味
無力感を解釈する
愛情への欲求
分析体験の意義
事例検討を終えて

あとがき


著訳者略歴

藤山直樹
ふじやま・なおき

1953年生まれ。1978年東京大学医学部卒業。帝京大学医学部助手、東京大学保健管理センター講師、日本女子大学人間社会学部教授を経て、現在、上智大学総合人間科学部心理学科教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
松木邦裕
まつき・くにひろ

1950年生まれ。1975年熊本大学医学部卒業。九州大学心療内科、福岡大学医学部精神科、恵愛会福間病院を経て、現在、京都大学教育学研究科・臨床教育実践研究センター教授。日本精神分析協会訓練分析家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
細澤仁
ほそざわ・じん

1963年生まれ。1988年京都大学文学部卒業、1995年神戸大学医学部卒業。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「精神分析を語る」の画像:

精神分析を語る

「精神分析を語る」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
定価 2,808円(本体2,600円)
ISBN 978-4-622-07790-9 C0011
2013年11月19日発行

この本を購入する