「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



統合失調症の母と生きて

SWALLOW THE OCEAN

A Memoir

著者
ローラ・フリン
訳者
佐々木千恵
解説
森川すいめい

私が小学生のころ、母は父のことを「悪魔の手先」と言いはじめた――。
本書は、統合失調症患者の母親に育てられた著者が、幼少期からの家族の闘いの日々を綴った回想録である。
家族の物語は1970年代のサンフランシスコから始まる。いずれ自分も悪魔と呼ばれるのではないかと母親の言動に脅えながらすごす日々。家を出た父が起こした親権をめぐる訴訟。母親の目を盗み、唯一現実を逃れられた姉と妹との3人の遊び。やがて「妄想型統合失調症」という母親の病名を知らされる。そのとき著者は、母親に振り回されつづける自分の心の拠りどころができたと回想する。
病とともに生きつづけるのは患者本人だけではない――この物語は、その当事者や家族の苦悩を理解する第一歩となりうるかもしれない。医学用語を使わず、小説のような読み心地で統合失調症とともに生きることの困難さを伝える、秀麗なノンフィクション。


目次


序章――サンフランシスコ、1976年
第1部 激流
第2部 底なし沼
第3部 海水面

謝辞

解説  森川すいめい
訳者あとがき


著訳者略歴

ローラ・フリン
Laura M. Flynn

1966年サンフランシスコ生まれ。ウェスリアン大学を卒業後、ミネソタ大学にてクリエイティブ・ライティングでMFA取得。現在ミネソタ大学で創作を教える傍ら、社会活動家、人権擁護家として運動を続けている。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
佐々木千恵
ささき・ちえ

1967年生まれ。翻訳家。駒澤女子大学講師。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
森川すいめい
もりかわ・すいめい

書評情報

<クレヨンハウス通信・Woman’s EYE Vol. 235(2014年4月1日)>
クレヨンハウス通信「Woman’s EYE」Vol.235

関連リンク

この本の関連書


「統合失調症の母と生きて」の画像:

統合失調症の母と生きて

「統合失調症の母と生きて」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
定価 3,240円(本体3,000円)
ISBN 978-4-622-07799-2 C0011
2014年2月7日発行

この本を購入する