「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



私のもらった文学賞

MEINE PREISE


〈ウイーン学術アカデミーのグリルパルツァー賞を受賞するにあたって背広を買わなければならなくなった。というのも授賞式の開始があと2時間に迫ったときになって急に、この明らかに特別な式典にズボンとセーター姿で臨むわけにはいかないと気づいたからだ〉

小説『消去』(上下、2004小社刊)で日本の読者の度肝を抜き、多くのファンを獲得したオーストリアの作家トーマス・ベルンハルト(1931-89)。文学界のグレン・グールドとも評されるまさしく孤高の作家が、総なめにしたドイツ語圏の最高の文学賞受賞時の状況を綴った9つの自伝的エッセーと授賞スピーチその他。
グリルパルツァー賞/ドイツ産業連盟文化栄誉賞/自由ハンザ都市ブレーメン文学賞/ユーリウス・カンペ賞/オーストリア国家賞文学部門賞/アントン・ヴィルトガンス賞/フランツ・テオドーア・チョコーア賞/連邦商工会議所文学賞/ビュヒナー賞… 各表題はきわめて無機質だが、文学賞受賞の場をスキャンダルに変えその内幕を描いた、笑いと涙と感動がないまぜになったまさしく空前絶後の本。ベルンハルト文学の真骨頂が、ここにある。


目次


私のもらった文学賞
  グリルパルツァー賞
  ドイツ産業連盟文化栄誉賞
  自由ハンザ都市ブレーメン文学賞
  ユーリウス・カンペ賞
  オーストリア国家賞文学部門賞
  アントン・ヴィルトガンス賞
  フランツ・テオドーア・チョコーア賞
  連邦商工会議所文学賞
  ビュヒナー賞

スピーチ集
  自由ハンザ都市ブレーメン文学賞授賞式のスピーチ
  オーストリア国家賞文学部門賞授賞式のスピーチ
  ゲオルク・ビュヒナー賞授賞式のスピーチ
  退会の辞

編集付記
訳者あとがき


著訳者略歴

トーマス・ベルンハルト
Thomas Bernhard

1931年2月オランダのマーストリヒト近傍に生まれる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
池田信雄
いけだ・のぶお

1947年東京に生まれる。東京大学名誉教授。ドイツ文学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

池澤夏樹<文春図書館 2014年7月17日>
藤原智美(作家)
<エコノミスト 2014年7月15日>
土屋勝彦(名古屋市立大学教授)
<図書新聞 2014年12月13日(土)>
林央子<harpersbazaar.jp 2015年4月号>

関連リンク

この本の関連書


「私のもらった文学賞」の画像:

私のもらった文学賞

「私のもらった文学賞」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/176頁
定価 3,520円(本体3,200円)
ISBN 978-4-622-07846-3 C0098
2014年6月20日発行

この本を購入する