みすず書房

ある国にて

文学シリーズ lettres

南アフリカ物語

IN A PROVINCE

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 328頁
定価 3,740円 (本体:3,400円)
ISBN 978-4-622-07898-2
Cコード C0097
発行日 2015年4月16日
オンラインで購入
ある国にて

物語は、白人青年ヨハン・ファン・ブレーデプールと、先住民の黒人少年ケノンの交流を軸に展開していく。主人公ヨハンは、ケノンとの出会いを通して、否応なく彼らへの抑圧や迫害の渦中に身を投ずることになる。そのため、白人社会から異端視され、悩み、道を模索する。
南アフリカにおける人種差別、異文化の対立/和解を主題とした長篇小説で、20世紀初頭の激しい差別が描かれている。個人の良心と道徳性を問う問題作で、著者自身の体験に基づいた初期アパルトヘイトの歴史的記録であり、今日的意味の大きい作品である。

執筆当時を振り返って、著者はこう語っている。
「精神的孤立の中で、私は私の最初の本『ある国にて』を書こうと思い立った。この本は、私がはじめて試みた信念の証であった…」
(『ロシアへの旅』佐藤佐智子訳より)

L・ヴァン・デル・ポストは『内奥への旅』『カラハリの失われた世界』など、探検記のベストセラーをあらわした著述家であり、他方、映画『戦場のメリークリスマス』の原作が愛読されてきた作家である。本書は熱のこもったデビュー作で、『戦場のメリークリスマス』に連なる繊細な人間描写はここから始まったと言えよう。本邦初訳。

日経「春秋」で紹介されました

日本経済新聞2015年5月23日(土)コラム「春秋」で紹介されました

書評情報

佐倉統(東京大学教授・科学技術社会論)
朝日新聞2015年6月21日(日)