「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



システィーナの聖母

ワシーリー・グロスマン後期作品集


「世界全体は生命なき物質の従順な奴隷である。いのちだけが奇跡的に自由なのだ」
本書はスターリンの死(1953年)以降に執筆された短篇小説を中心に、随想・旅の手記を集成した。
広島に原爆を投下したアメリカ人パイロットたちを主人公に、兵士の苦悩と責任の問題を描く「アベル」。
戦時下のベルリンの動物園のゴリラ、そしてイタリア軍で四輪荷車をひくラバの視点に立った「動物園」「道」。
ソ連軍が戦時中にナチから没収した名画が戦後に東ドイツに返還されるに先立ち、モスクワで公開された展覧会で、ラファエロの聖母子像にユダヤ人絶滅収容所で出会った母子を見出す「システィーナの聖母」。
経済的に困窮し、仕事で出かけたアルメニアはアララト山の谷、旧約聖書の土地で、信仰をもたない作者に訪れた宗教的な体験と思索を綴る「あなた方に幸あれ!」
グロスマンは第二次世界大戦時には従軍記者として名を馳せたにもかかわらず、戦後は反ユダヤ主義の標的にされ、長篇小説『人生と運命』は原稿類一切をKGBに没収された。以後、作品はほとんど出版されなくなった。それでも彼は書き続ける。
統制管理とテクノロジーが優先された体制を生きる人間に対する透徹した省察は、現代社会に多くを投げかけてやまない。


目次


I 短篇小説と随想

アベル(八月六日)
キスロヴォーツクで

動物園


システィーナの聖母
ママ
永遠の休息
大環状道路で

II アルメニアの旅
あなた方に幸あれ!(旅の手記から)

訳者解説


著訳者略歴

ワシーリー・グロスマン
Василий Гроссман

1905-1964。ウクライナ・ベルディーチェフのユダヤ人家庭に生まれる。モスクワ大学で化学を専攻。炭鉱で化学技師として働いたのち、小説を発表。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
齋藤紘一
さいとう・こういち

1943年群馬県生まれ。東京大学理学部化学科卒。在学中に米川哲夫氏にロシア語を学ぶ。通産省入省後、課長・審議官を務める。93年退官後、ISO(国際標準化機構)日本代表委員、独立行政法人理事長をへて現在、翻訳家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「システィーナの聖母」の画像:

システィーナの聖母

「システィーナの聖母」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/400頁
定価 4,968円(本体4,600円)
ISBN 978-4-622-07899-9 C0097
2015年5月25日発行

この本を購入する