「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



これを聴け

LISTEN TO THIS


アレックス・ロスの前著『20世紀を語る音楽』は、20世紀以降のクラシック音楽と現代音楽を扱った原書で600ページの大著でありながら、異例の世界的ベストセラーとなった。全米批評家協会賞、英国ガーディアン・ファーストブック賞等を受賞後、2013年にはロンドンのサウスバンクセンターがこの本の内容を再現する音楽祭を1年かけて開催。ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団中心の100以上のコンサートに加え、多彩なイベントで好評を博した。
この気鋭の音楽評論家、待望の二冊目は、折々に発表した評論のベスト選集である。20代から雑誌『ニューヨーカー』の音楽評論を担当する彼の異能ぶりは、むしろ本書の方で存分に堪能できるのかもしれない。
16世紀からボブ・ディランまでを貫く低音旋律の音楽史/モーツァルトの中庸/レディオヘッドのグランド・ツアー/ロサンジェルス・フィルのサロネン/シューベルトの偉大なる魂/ビョークの音楽づくり/中国クラシック音楽事情/北極圏の《聴きに行く場所》(アダムズ)/大衆芸術としてのオペラとヴェルディ/弦楽四重奏団という生き様/ジョン・ケージ論/ブラームスの晩年――「私はクラシック音楽が嫌いだ。音楽ではなく、この名称が嫌いなのだ」と書きだす表題作が示すように、時代もジャンルも縦横無尽の17篇からは、音楽という営みそのものが立ち現れる。ピアニスト内田光子の素顔がうかがえるマールボロ音楽祭の報告も、日本人読者には嬉しい。


目次


はしがき
第1部
1 これを聴け――境界を越えてクラシックからポップへ 
2 チャッコーナ、ラメント、ウォーキング・ブルース――音楽史の低音旋律
3 悪魔の機械――録音はどう音楽を変えたか

第2部
4 様式の嵐――モーツァルトの中庸
5 軌道を回る――レディオヘッドのグランド・ツアー
6 アンチ・マエストロ――ロサンジェルス・フィルハーモニックのエサ=ペッカ・サロネン
7 偉大なる魂――シューベルトを捜して
8 情緒的な風景――ビョークの英雄譚(サガ)
9 数百万人の交響曲――中国のクラシック音楽
10 大地の歌――ジョン・ルーサー・アダムズの北極圏の音
11 人心をつかむヴェルディの力――大衆芸術としてのオペラ
12 オールモスト・フェイマス――セント・ローレンス弦楽四重奏団のツアーに同行して
13 ミュージック・マウンテン――マールボロ音楽研修の内側
14 沈黙の果てに――ジョン・ケージ

第3部
15 光を見出した――ボブ・ディランを追いかけて
16 情熱――ロレイン・ハント・リーバーソンの記憶
17 悲しむ者たちは幸いである――ブラームスの晩年

謝辞
訳者あとがき
原註
図版一覧
音源案内
索引


著訳者略歴

アレックス・ロス
Alex Ross

1968年ワシントンDC生まれ。作曲家を目指すが、ハーヴァード大学在学中に書き始めた評論が評価され、卒業後は音楽雑誌や『ニューヨーク・タイムズ』紙などに音楽評を寄稿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
柿沼敏江
かきぬま・としえ

国立音楽大学楽理科、お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了。カリフォルニア大学サンディエゴ校音楽学部博士課程修了。1989年、ハリー・パーチの研究でPh.D.を取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

宮沢昭男(音楽評論家)
<2015年12月6日:「赤旗」>
松屋仁之(小説家・編集者)
<2016年1月12日:毎日新聞>
古田一晴(ちくさ正文館書店)
<2016年1月14日号:「週刊新潮」>

関連リンク

この本の関連書


「これを聴け」の画像:

これを聴け

「これを聴け」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/488頁
定価 4,968円(本体4,600円)
ISBN 978-4-622-07939-2 C1073
2015年10月9日発行

この本を購入する