「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



加藤淑子著作集 3

斎藤茂吉の十五年戦争

著者
加藤淑子

昭和六年から昭和二十一年まで、この日本近代史の暗黒の時代の十五年間、斎藤茂吉の歌はどのようなものであったか。彼は卓越した歌人であったが、同時に国を憂える平均的日本人の一人であった。
本書は彼の尨大な戦争下のそれぞれについて、戦後公表された資料によってその事実関係と背景を精細に追求し、歌による昭和の十五年戦争概史となっている。著者は「いわゆる制服的歌にも歴史的意義、表現の妙を感じ、従来顧られることの少なかった領域に、時代を共有した一人としてかかわった」と述べている。
戦時の日本国民の感情の文学史であり、時代の生きた証言であり、また尨大な現代史の資料のみごとな整序による新鮮な昭和史でもある。「かりがねも既にわたらずあまの原かぎりも知らに雪ふりみだる」の絶唱と、「宋美齢夫人よ汝が閨房の手管と国際の大事とを混同するな」の政治歌を詠う歌人のアイデンティティの研究にも不可欠の書となろう。


目次


一 満州事変
昭和六(1931)年
昭和七(1932)年
昭和八(1933)年
昭和九(1934)年
昭和十(1935)年
昭和十一(1936)年
昭和十二(1937)年
二 支那事変
昭和十二(1937)年
昭和十三(1938)年
昭和十四(1939)年
昭和十五(1940)年
昭和十六(1941)年
三 大東亜戦争
昭和十六(1941)年
昭和十七(1942)年
昭和十八(1943)年
昭和十九(1944)年
昭和二十(1945)年
四 戦後
昭和二十(1945)年
昭和二十一(1946)年以後

附録
一 ローゼンベルク「二十世紀の神話」をめぐる斎藤茂吉の歌
二 サンカンタン戦
三 号外は「死刑」報ぜり
四 元の使者・常立寺
後記


著訳者略歴

加藤淑子
かとう・よしこ

1923(大正12)年5月、和歌山県に生まれる。1945(昭和20)年9月、東京女子医学専門学校(現東京女子医科大学)を戦時特例により繰上げ卒業。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「斎藤茂吉の十五年戦争」の画像:

斎藤茂吉の十五年戦争

「斎藤茂吉の十五年戦争」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
定価 5,400円(本体5,000円)
ISBN 978-4-622-08223-1 C1395
2009年9月25日発行

この本を購入する

<在庫僅少です>