「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



始まりの本

二つの文化と科学革命

THE TWO CULTURES


「意思疎通ができないような、また意思疎通しようとしないような二つの文化の存在は危険である。科学がわれわれの運命の大半、すなわちわれわれの生死を決定しようという時代に、単に実際的な面からだけ考えても、それは危険なことである。科学者が間違った勧告を与えることもありうるし、政策決定者たちがその当否を知りえないこともありうる。一面、分裂した文化をもつ科学者たちは、いろいろな可能性について自分たちだけに通用するような知識を提供する。(…)われわれは永い間耐える覚悟をするのは当然としても、上述のようなことはいずれも政治の成り行きを一そう複雑にし、場合によっては一そう危険なものとする。」

自然科学と人文科学、各々の知的・精神的風土の乖離と無理解がもたらす社会的危機を訴え大論争を巻き起こした書。科学と文化を語る必須文献で、科学社会学が精緻化された現在も、常にルーツとして参照される名著。原書1993年版にもとづき70頁余の新解説を付す。

【1960年初版発行 1984年第3版 1999年新装版】


目次


I 二つの文化と科学革命(1959年リード講演)
1 二つの文化
2 生まれながらのラダイドとしての知識人
3 科学革命
4 富めるものと貧しいもの

II その後の考察(1963年)

解説(ステファン・コリーニ、1993年)
歴史的に見た「二つの文化」
スノーの生涯
「二つの文化」という考えの発展
反応と論争
変わりゆく学問分野の地図
専門化
変わりゆく世界のなかでの「二つの文化」

さらなる読書のために
人名索引


著訳者略歴

チャールズ・P・スノー
Charles Percy Snow

1905-1980。イギリスのレスターに生まれる。ケンブリッジ大学クライスト・カレッジで物理化学を学び、1930年、同カレッジの特別研究員となる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
松井巻之助
まつい・まきのすけ

1913年、長野県に生まれる。1939年、東京文理科大学理学部物理学科卒業。1952-84年、みすず書房編集部に勤める。1984年没。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
ステファン・コリーニ
Stefan Collini

1947年生まれ。ケンブリッジ大学教授。英文学および思想史が専門。著書に『コモン・リーディング――批評家、歴史家、大衆』(オックスフォード大学出版局、2008)など。T・S・エリオットほかに関する論文がある。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
増田珠子
ますだ・たまこ

駿河台大学経済学部准教授。津田塾大学大学院文学研究科校規博士課程単位取得満期退学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「二つの文化と科学革命」の画像:

二つの文化と科学革命

「二つの文化と科学革命」の書籍情報:

四六変型判 タテ191mm×ヨコ130mm/208頁
定価 3,080円(本体2,800円)
ISBN 978-4-622-08342-9 C1310
2011年11月10日発行

この本を購入する