「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



始まりの本

沈黙の世界

DIE WELT DES SCHWEIGENS


「沈黙は言葉の放棄と同一のものではない。沈黙は決して、言葉が消失したあとに取り残されたような、見すぼらしいものではない。沈黙は或る種の全きもの、自己自身によって存立する或るものなのである。沈黙は言葉とおなじく産出力を有し、言葉とおなじく人間を形成する。ただ、その程度が違うだけである。沈黙は人間の根本構造をなすものの一つなのだ。(……)
読者はこの本によって、言葉を軽視するような誤った結果にたち到ってはならない。人間が人間として存在し得るのは、言葉によるのであって、沈黙によるのではないのである。」

「もしも言葉に沈黙の背景がなければ、言葉は深さを失ってしまうであろう」
『われわれ自身のなかのヒトラー』著者による比類なき書。
新たに《始まりの本》版にさいして、エマニュエル・レヴィナス「マックス・ピカートと顔」を付す。

[初版1964年2月]


目次


まえがき

沈黙の相(すがた)
始原の現象としての沈黙
沈黙からの言葉の発生
沈黙と、言葉と、真理
言葉における沈黙
沈黙と言葉との中間にある人間
沈黙におけるデモーニッシュなるものと言葉
言葉と身振り
古代の言葉
「自己」と沈黙
認識と沈黙
事物と沈黙
歴史と沈黙
形象と沈黙
愛と沈黙
人間の顔と沈黙
動物と沈黙
時間と沈黙
幼児と、老人と、そして沈黙
農夫と沈黙
沈黙における人間と事物
自然と沈黙
詩と沈黙
詩と沈黙――例
美術と沈黙
騒音の言葉
ラジオ
沈黙の残部
病と死と沈黙
沈黙なき世界
希望
沈黙と信仰

訳者あとがき
マックス・ピカートと顔  エマニュエル・レヴィナス(合田正人訳)


著訳者略歴

マックス・ピカート
Max Picard

1888-1965。ドイツのシュヴァルツヴァルトに生まれる。ハイデルベルク大学助手を勤めた後、ミュンヘンで開業する。スイスのルガノ湖畔に居を移し文筆活動を続けた。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
佐野利勝
さの・としかつ

1918年大阪府に生まれる。1941年京都帝国大学経済学部卒業。1946年京都大学文学部卒業。京都大学・滋賀医科大学名誉教授。2006年死去。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

<読売新聞「4月に予みたい名文数々」 2014年4月9日(夕)>

関連リンク

この本の関連書


「沈黙の世界」の画像:

沈黙の世界

「沈黙の世界」の書籍情報:

四六変型判 タテmm×ヨコmm/280頁
定価 4,180円(本体3,800円)
ISBN 978-4-622-08372-6 C1310
2014年2月20日発行

この本を購入する