「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大人の本棚

遠ざかる景色


「これはいつのことだったのだろう。その折々の様子も、それをこうして書きとめていたことも、本当に〈遠ざかる景色〉になりおおせてしまった」(新版へのあとがき)

1982年に初版が刊行された本書には、92歳の今なお旺盛な創作活動を続ける洋画家/エッセイストの遙かな歩みが刻まれている。復員後に単身渡欧し、1950‐60年代のパリの空気を吸い込んだ画家のマチエールとエスプリが全編にわたり香気を放っている。
美校生時代、故郷の山中をさまよい歩いた幻想的な短編小説風の「夜道」をはじめ、気難し屋の建築家にアトリエ設計を依頼した苦労譚、義弟・田中小実昌のエキセントリックな人間像、銀幕のスターやシャンソン歌手への憧憬、異国で絆を深めた明治生れのコスモポリタン・椎名其二の回想、そして戦歿画学生の絵を求めて遺族を訪ね歩いた「ある鎮魂の旅」など、追憶の全19篇。


目次


絵と文のあいだ 序にかえて

I 遠ざかる景色
夜道
留守の家
七人きょうだい
文章修業
義弟・田中小実昌
やあ キミの設計だな

II 異国の人びと
フランス人気質
パリのクリスマス
パリ―東京―福岡
リドーって何デシカ
パリ再訪
ライ・レ・ローズの家
記憶のなかの女優たち
歌手ジャック・ブレル
マドモアゼル・セスネイ
回想のオンドビリエ
椎名其二さんと角館
あるエトランゼの話

III ある鎮魂の旅

初版へのあとがき
新版へのあとがき


著訳者略歴

野見山暁治
のみやま・ぎょうじ

1920年福岡県生まれ。43年東京美術学校油画科卒業。応召、45年福岡で終戦を迎える。52-64年滞欧。58年安井賞受賞。68年東京藝術大学助教授(72年教授)、81年辞職。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

鹿島茂(フランス文学者)
<:週刊文春「文春図書館」2013年3月7日号>
池内紀(ドイツ文学者)
<:サンデー毎日2013年3月17日号>
<:美術の窓2013年4月号>
<:月刊水墨画2013年6月号>
<:月刊美術2013年4月号>

関連リンク

この本の関連書


「遠ざかる景色」の画像:

遠ざかる景色

「遠ざかる景色」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 978-4-622-08503-4 C1370
2013年2月8日発行

この本を購入する