「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大人の本棚

山里に描き暮らす

著者
渡辺隆次

「この地に住まう者なら、獣とならび、刈っても伐ってもたちまち生えてくる草木の獰猛性に、一目も二目もおくはずだ。そんなことを身に滲みて感じるのも、三十六年余にわたって山麓の変遷を、日々目にしてきたことにもよるのだろう。寄る年波からつい来し方行く末に思いがゆく。その結果自らの、よって来たる源あたりまでをまさぐり、埒もない多くを書き連ねてきた。八ヶ岳山麓といえば、いまや観光公園化して広く喧伝されるが、それがイメージさせるのとはやや異にした、インドアライフといった向きで、このエッセイ集を編んでみた。」(あとがき)

画文集『きのこの絵本』『山のごちそう』などでエッセイストとしても人気の絵描きが、消費とも生産とも無縁な「居候」としての人生を書き下ろす自由な文集。


目次


I 八ヶ岳の庭から




ヒブンショウ
野生鳥獣
落馬

貧乏上手
神樹
ヒッピー
水中歩行
春雪
空襲
基地
迷子
毒キノコ
笑い上戸
音楽
健康優良児
山麓

II 思い出されること
おーい、お茶

ビーツ
初恋
表と裏
秋田蘭画への旅
無所属
国立の月見

あとがき


著訳者略歴

渡辺隆次
わたなべ・りゅうじ

1939年東京八王子に生まれる。武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)本科・西洋画卒業、東京学芸大学養護科修了。1977年から八ヶ岳山麓長坂町のアトリエで制作を続ける。無所属。作品発表は主に個展。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

<2013年8月25日(日):日本経済新聞>
池内紀<:サンデー毎日2013年9月15日号>

関連リンク

この本の関連書


「山里に描き暮らす」の画像:

山里に描き暮らす

「山里に描き暮らす」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 978-4-622-08508-9 C1395
2013年8月21日発行

この本を購入する