「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



エコノミックス

マンガで読む経済の歴史

ECONOMIX

How Our Economy Works (and Doesn’t Work), in Words and Pictures




世界の経済をマンガで語る、初の試み――それが『エコノミックス』。
「債務」が生じるのはなぜ? 経済はまだ成長する? 「完全雇用」って何? 新しい世代の暮らしぶりは、前より良くなる? どうして不況が続くの? ウォール街占拠運動の発端は?
いまだかつて誰も描かなかった経済マンガ、350年にわたる歴史と今を語る『エコノミックス』。ユーモラスなコマを追えば、経済の実態と課題が一目瞭然。
経済理論を考えだした学者たち、グローバル化、財政赤字、景気回復、戦争、気候変動、エネルギー問題と経済の関係など。『エコノミックス』を読んで考えよう、これからの経済と僕たちの未来を。


歴史に学ぶ著者に対して、正統派経済学者はモデル分析がないなどと批判する。
著者からすれば「それがどうした」のであって、
アダム・スミスなどをつまみ食いする正統派こそ「フェイク経済学」だ。
本書には「もうひとつの事実」がある。
――水野和夫
(経済学者)

経済の歴史と性質を把握することが、
これほどの心強さをもたらすものとは思ってもみなかった。
こんな時世だからこそ、何度でも何度でも繰り返し読みたい気持ちに駆られる、
解りやすくて面白い経済史の大傑作!
――ヤマザキマリ
(漫画家)


目次


まえがき(デヴィッド・バック)
はじめに(ジョエル・ベイカン)

序章
第1章 見えざる手(1820年まで)
第2章 全力で進め!(1820-1865年)
第3章 金の力(1865-1914年)
第4章 崩れゆく世界(1914-1945年)
第5章 大砲かバターか(1945-1966年)
第6章 限界の時代(1966-1980年)
第7章 富裕層の反乱(1980-2001年)
第8章 今日の世界(2001年より)

用語集
監訳者注
謝辞
訳者あとがき
索引


著訳者略歴

マイケル・グッドウィン
Michael Goodwin

ニューヨーク在住のフリーライター。子供の頃にラリー・ゴニックの『マンガ 地球の歴史』を読んで、マンガと歴史が大好きになった。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
ダン・E・バー
Dan E. Burr

ミルウォーキー在住。その才能はすでに四コマ漫画を描いていた幼少期から芽生えていた。コマーシャルアートにしばらく携わった後、マンガの世界へ。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
脇山美伸
わきやま・みのぶ

1974年アメリカ生まれ。日本で育ち、29歳でイタリアへ移住。映像制作のかたわら、経済と食を主なテーマに、執筆・翻訳・通訳に携わる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
脇山俊
わきやま・たかし

1936年佐賀県生まれ。東京大学法学部卒、スタンフォード大学経済学修士。通商産業省、世界銀行などに勤務。埼玉大学教授、政策研究大学院大学客員教授も勤めた。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

<2017年3月24日:「東洋経済日報」今週の一冊>
宮野源太郎(丸善・ジュンク堂書店営業本部)
<2017年4月22日:「週刊ダイヤモンド」目利きのお気に入り>
<2017年5月:「ダ・ヴィンチ」>
武田砂鉄(ライター)
<2017年5月7日:信濃毎日新聞>
武田砂鉄(ライター)
<2017年5月14日:山陽新聞>
<2017年6月:「EYESCPEAM」>

関連リンク

この本の関連書


「エコノミックス」の画像:

エコノミックス

「エコノミックス」の書籍情報:

B5変型判 タテ253mm×ヨコ178mm/312頁
定価 3,456円(本体3,200円)
ISBN 978-4-622-08597-3 C0033
2017年3月30日発行

この本を購入する