「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



日本の長い戦後

敗戦の記憶・トラウマはどう語り継がれているか

THE LONG DEFEAT

Cultural Trauma, Memory, and Identity in Japan

著者
橋本明子
訳者
山岡由美



憲法改正、領土問題、歴史認識問題はなぜ、こんなにも軋轢を招くのか。アメリカで教える気鋭の社会学者が比較文化の視点から、日本の「敗戦の文化」を考察する。
私たちが家族、学校、メディアをとおして触れる戦時の物語は多様だ――戦場で英雄だった祖父、加害の体験を話さずに逝った父、トラウマを解消できない被害者たち。それらの記憶は、史実に照らして見直されることなく共存し、家族内では、調和が最優先される語りが主観的に選び取られる。
高校の歴史教科書・歴史漫画の分析からは、なぜ若い世代が自国に自信をもてないか、その理由が見えてくる。
そしてメディアは、記憶に政治色をつけながら、それぞれ違う物語を映し出す。
戦後70年を過ぎた今、不透明な過去に光を当て、問題の核心に迫る。


目次


日本の読者のみなさまへ
謝辞

第1章 敗戦の傷跡と文化的記憶
文化的トラウマ、記憶、国民アイデンティティ
戦争の記憶をめぐる三つの道徳観とその語り(戦死した英雄を語る――「美しい国」の記憶/被害者を語る――「悲劇の国」の記憶/加害者を語る――「やましい国」の記憶)
敗戦の文化にみられる記憶の分断
本書について

第2章 個人史と家族史を修復する記憶
戦中世代の証言
語らない親との対話――溝を埋め、傷を癒す(「温厚な父」/「戦争は、絶対に起こしてはいけない」/「戦争の反省などみじんもない」)
家族への帰属意識と無力感の内面化

第3章 敗北感の共有とその位置づけ――メディアのなかの英雄、被害者、加害者の物語
政治パフォーマンスとしての追悼(勝算のない戦争でなぜ死ななければならなかったのか/新聞社説に見る戦争責任と被害の言説)
追悼の季節の文化メディア(われわれの悲惨な戦争/父たちの愚かな戦争/祖父たちの立派な戦争)
国民としての帰属意識と阻まれた他者への共感

第4章 戦争と平和の教育――子供にどう第二次世界大戦を教えるか
上からの歴史――教科書のなかの戦争と平和(高校歴史教科書のなかの戦争と平和/公民教科書のなかの戦争と平和)
下から見た歴史――「学習漫画」のなかの戦争と平和(「学習用」歴史漫画/「大衆的」歴史漫画)
子供世代向けの教訓としての文化的トラウマ

第5章 敗戦からの回復とは何か――他国との比較から
敗戦の文化を乗り越える――道義的回復に向けた三つの展望(ナショナリズムの視点――名誉と愛国心、国への帰属意識/平和主義の視点――心の癒しと人間の安全保障/国際協調(和解)主義の視点――正義と道義的責任)
和解のグローバル・モデルはあるのか
ドイツとの比較
「普通の国」として世界に返り咲く

訳者あとがき
原注
参考文献
索引


著訳者略歴

橋本明子
はしもと・あきこ

1952年東京生まれ。幼少期・青年期をロンドン、東京、ハンブルクで過ごす。1975年、ロンドン大学(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)社会学部卒業。東京のソニー本社勤務を経て渡米。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
山岡由美
やまおか・ゆみ

津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。出版社勤務を経て翻訳業に従事。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

小菅信子(山梨学院大学教授)
<日本経済新聞 2017年9月2日(土)>
福間良明(立命館大学教授)
<東京新聞 2017年9月3日(日)>
池上彰の大岡山通信・若者たちへ<日本経済新聞「18歳プラス」 2017年12月4日(月)>

関連リンク

この本の関連書


「日本の長い戦後」の画像:

日本の長い戦後

「日本の長い戦後」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
定価 3,888円(本体3,600円)
ISBN 978-4-622-08621-5 C0036
2017年7月18日発行

この本を購入する