「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



老年という海をゆく

看取り医の回想とこれから

著者
大井玄

「老年期を歩むのは、海図のない海を行くのに似ている。
半世紀以上も前、舳先をそろえるようにして出航したのに、やがて別々に進路を変えて進むことになった。なぎの海、波頭が白く砕ける荒海を進み、赤い夕日が沈んだり、きらめく日輪が上るのをくり返し見ているうちに、かつての僚船が難破したり、沈没したりしたとの報が、ポツリポツリと届く」。

著者は1935年生まれ。公衆衛生学者として水俣病やエイズの研究、アラル海やブータンでの健康調査などを経て、国立環境研究所では地球環境の研究に携わる科学者たちを指導し、また内科臨床医として終末期医療や認知症に取り組んできた。
看取り医としての長年の経験を振り返りながら、みずからの老いへの自覚も踏まえて、人間の生老病死に思索をめぐらす。アルツハイマー型認知症は病気ではなく、老耄の現れである。認知症患者はがん疼痛を訴えない。生存の満足度は加齢とともに上昇する。わたしたちは「死んだらそれきり」ではない。老耄はおだやかに死ぬために自然が用意してくれた恵みである。
超高齢社会を迎えるにあたって指針にしたい知見の数々。悲喜こもごも、慰めにみちた人生賛歌である。


目次


海図のない海
歩く愉しさ
無常と永遠
地域ケアの手
老耄ということ
認知症高齢者の判断能力
ハトとわたし
入院記――夕暮れの海の暗礁
気候変動――「ヒトの時代」に生きるとは
しょうべんたれ
国際協力のあり方――ダショー西岡の場合
水俣協立病院の看護師
つながりを求める心
意味の世界――認知症高齢者とドナルド・トランプ
「一人一宇宙」
臆病と用心――エイズの場合
懐かしい人
触らぬ医療、触れる医療
老年の愉しみ
老耄という恵み

あとがき


著訳者略歴

大井玄
おおい・げん

1935年生まれ。1963年、東京大学医学部医学科卒業。1977年、ハーバード大学公衆衛生大学院修了。東京大学医学部教授などを務めたのち、1996-2004年、国立環境研究所副所長、所長を経て、参与。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「老年という海をゆく」の画像:

老年という海をゆく

「老年という海をゆく」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
定価 2,916円(本体2,700円)
ISBN 978-4-622-08668-0 C0095
2018年4月10日発行

この本を購入する