みすず書房

免疫の科学論

偶然性と複雑性のゲーム

LE JEU DU HASARD ET DE LA COMPLEXITÉ

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 416頁
定価 5,280円 (本体:4,800円)
ISBN 978-4-622-08693-2
Cコード C0045
発行日 2018年6月18日
オンラインで購入
免疫の科学論



免疫は細菌からヒトまでほぼあらゆる生物に具わり、病原体や、がんなどの内部異常に休みなく対処している。日常的に「免疫力アップ」が話題にのぼり、がんの免疫療法も普及しつつあるが、免疫はとらえがたい。特定の臓器に収まるのではなく、全身に広く深く組み込まれ、集合と離散をくり返す。実体というよりも偶然が織りなす複雑性の連鎖のようだ。免疫はよく「異物を排除する」と言われるが、実際はそれほど単純ではない。異物を敢えて完全に排除しないことで効果を発揮する場合もある。自己と非自己の境界も曖昧だ。知れば知るほど免疫の謎は深まり、だから面白い。
本書はこれまでの免疫の本とは、かなり異なる。主題はヒトの生体防御だが、第I部で免疫を進化の文脈で大きくとらえ、その働きを工学の用語である「ロバストネス」によって概念化する。第II部ではその装置を「モジュール」に分け、構造とつながりを分析的に調べてゆく。そして第III部で、ヒト免疫系の全体像を描き出す。さらに本書全体に、既存の思考枠組みを揺さぶる警句があふれている。
「自然免疫と獲得免疫は混じり合っている」「特異性の低い反応の組み合わせが、高度に特異的な認識に導く」「自己と非自己の識別は、メカニズムの多数性の産物でしかありえない」「全体の動態だけが最適化を達成することができる」「免疫系はじつは、海面に見える生理学的氷山の一角にすぎない」
打ちひしがれるほど精巧で複雑な免疫の全体像に迫るには、仕組みの理解にとどまってはならない。フランスの学問的伝統が最良のかたちで活きた、新しい免疫の学。

目次

まえがき
はじめに

第 I 部 進化における生体防御
  第1章 進化における捕食生物と獲物
  第2章 系統樹の下部にある自然防御
  第3章 断絶——獲得免疫
  第4章 進化における獲得免疫
  第5章 生物の複雑性とその進化
  第6章 生体防御とロバストネス

第 II 部 ヒト生体防御の組織——部分が全体に向かう
  第7章 分子と分子モジュール
  第8章 分子モジュールの連鎖
  第9章 細胞と細胞モジュールの構造
  第10章 防御反応における機能モジュールのつながり
  第11章 必然だが起こりそうもない出合い
  第12章 より個別化された医療へ
 
第 III 部 ヒト生体防御の全体
  第13章 監視機能
  第14章 病原体に対する防御
  第15章 内的混乱と生体防御
  第16章 全体的な特質と機能
  第17章 生体に包含される防御
  第18章 自己と非自己の識別
  第19章 生物の論理

おわりに
訳者あとがき
原注
用語解説
索引

書評情報

大野秀樹(社会医療法人財団大和会理事長・杏林大学名誉教授)
図書新聞2018年9月15日(土)