「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



エコラリアス

言語の忘却について

ECHOLALIAS

On the Forgetting of Language


子どもは言葉を覚えるときに、それ以前の赤ちゃん語を忘れる。そのように、言葉はいつも「消えてしまった言葉のエコー」である。そして、忘れることは創造の源でもある。
言語の中にはつねにもうひとつの言語の影があり、失われた言語が響いている。言語の崩壊過程に言語の本質をみたヤコブソン、失語症を考察したフロイト、複数の言語を生きたカネッティ、死んだのに語る口を描いたポー、母語についてはじめて語ったダンテなどを導きに、忘却が言語の本来もつ運動性であることが浮上する。
アガンベンの英訳者として知られ、30代で本書を著し、恐るべき知性として話題を呼んだ、ヘラー=ローゼンの主著。流離こそが言語の核心であることを明かす、言語哲学の最重要書である。


目次


第一章 喃語の極み
第二章 感嘆詞
第三章 アレフ
第四章 消滅危惧音素
第五章 H & Co.
第六章 流離の地で
第七章 行き止まり
第八章 閾
第九章 地層
第十章 地滑り
第十一章 文献学の星
第十二章 星はまた輝く
第十三章 ニンフの蹄
第十四章 劣った動物
第十五章 アグロソストモグラフィー
第十六章 Hudba
第十七章 分裂音声学
第十八章 アブー・ヌワースの試練
第十九章 船長の教え
第二十章 詩人の楽園
第二十一章 バベルの塔

解説 ダニエル・ヘラー=ローゼンとは何者か?
訳者あとがき
原註
参考文献
索引


著訳者略歴

ダニエル・ヘラー=ローゼン
Daniel Heller-Roazen

1974年生。プリンストン大学教授。アガンベンの英訳者として知られる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
関口涼子
せきぐち・りょうこ

1970年生。作家。フランス在住。日・仏語で創作を行い、『陰影礼賛』の仏訳者としても知られる。訳書にエシュノーズ『ラヴェル』、ラヒーミー『灰と土』『悲しみを聴く石』、シャモワゾー『素晴らしきソリボ』ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

沼野充義<毎日新聞 2018年6月10日(日)>
伊藤亜紗(東京工業大准教授・美学者)
<読売新聞 2018年7月16日>
都甲幸治(早稲田大学教授・アメリカ文学)
<朝日新聞 2018年8月25日(土)>
鴻巣友季子(翻訳家)
<週刊ポスト 2018年8月10日号>
鴻巣友季子<すばる 2018年9月号>

関連リンク

この本の関連書


「エコラリアス」の画像:

エコラリアス

「エコラリアス」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
定価 4,968円(本体4,600円)
ISBN 978-4-622-08709-0 C1010
2018年6月8日発行

この本を購入する