「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



中国はここにある

貧しき人々のむれ

中国在梁庄

著者
梁鴻
訳者
鈴木将久
訳者
河村昌子
訳者
杉村安幾子


近代化の矛盾に苦しむ農村に、現代中国の姿を浮かび上がらせ、大きな感情のうねりを呼んだノンフィクション。人民文学賞ほか受賞多数。

都市の繁栄の陰で荒廃する農村。農業だけでは暮らせない人々が出稼ぎにゆき、ほとんど帰らない。老人は残された孫の世話で疲弊し学校教育も衰退した。子供は勉強に将来の展望をみない。わずかな現金収入を求めて出稼ぎに出る日を心待ちにする。
著者は故郷の農村に帰り、胸がしめ付けられるような衰退ぶりを綴った。孤絶した留守児童が老婆を殺害強姦。夢はこの世で最も悪いものと自嘲する幼馴染。夫の長期出稼ぎ中に精神を病む妻。「農村が民族の厄介者となり…病理の代名詞となったのはいつからだろう」。希望はないのか。著者は農村社会の伝統にその芽をみる。
底辺の声なき人々の声を書きとめようとする知識人のジレンマに、著者も直面する。しかし敢えて自分に最も近い対象を選び、書くことの困難にうろたえる自身の姿を読者に隠さない。こうして紡がれた語りに、農民も都会人も没頭した。第11回華語文学伝媒大賞「年度散文家」賞、2010年度人民文学賞、2010年度新京報文学類好書、第7回文津図書賞、2013年度中国好書受賞。


目次


まえがき
第一章 私の故郷は梁庄
第二章 活気あふれる「廃墟」の村
第三章 子供を救え
第四章 故郷を離れる若者たち
第五章 大人になった閏土
第六章 孤立する農村政治
第七章 「新道徳」の憂い
第八章 故郷はいずこに
あとがき

訳者あとがき


著訳者略歴

梁鴻
リアン・ホン

中国人民大学文学院教授。1973年生まれ。北京師範大学文学博士。米国デューク大学客員教授、中国青年政治学院中文学院教授を経て現職。本書の舞台である農村に生まれ、20歳までそこに暮らす。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鈴木将久
すずき・まさひさ

1967年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。博士(文学)。明治大学政治経済学部、一橋大学言語社会研究科を経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。専門は中国近現代文学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
河村昌子
かわむら・しょうこ

1969年生まれ。お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程修了。博士(人文科学)。千葉商科大学商経学部を経て、現在、明海大学外国語学部中国語学科教授。専攻は中国近現代文学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
杉村安幾子
すぎむら・あきこ

1972年生まれ。お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程単位取得満期退学(修士)。現在、金沢大学国際基幹教育院教授。専攻は中国近現代文学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「中国はここにある」の画像:

中国はここにある

「中国はここにある」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
定価 3,888円(本体3,600円)
ISBN 978-4-622-08721-2 C0098
2018年9月25日発行

この本を購入する