みすず書房

中枢神経系 中世・近代篇

構造と機能 理論と学説の批判的歴史

LE SYSTÈME NERVEUX CENTRAL

判型 A5判 タテ210mm×ヨコ148mm
頁数 464頁
定価 22,000円 (本体:20,000円)
ISBN 978-4-622-08744-1
Cコード C3047
発行日 2018年11月 9日
オンラインで購入
中枢神経系 中世・近代篇

いつから人間は「脳」や「神経」に注目し、自分の思考や行動を支配するものが「脳」に座を占め、「神経」がその働きを伝えると考えるようになったのか。この課題に初めて挑み、古代から19世紀末までの膨大な文献を纏めた世紀の古典的大著を公刊。神経学・精神医学はじめ、医学史・科学史・哲学史研究者の座右に置くべき、フランスの碩学が遺した伝説の書である。
「中世・近代篇」は、ガレノス以後の中世から19世紀の脳局在説まで。金字塔的大著、全2巻完結。


■ 脳と神経と身体と心を知るための類のない通史
■ 神経学・精神医学・医学史・科学史関係者必備
■ 現在の研究からみた訳者の補足を本文に記す
■ 萬年甫による「ジュール・スーリィの生涯について」を付す
■ 巻末に「参考図書」「人名索引」完備
■ 「中世・近代篇」には、ガレノス以後から19世紀末「脳局在説」までの学説と注釈を収録

目次

凡例

中世
コンスタンティヌス・アフリカヌス、アヴィケンナ、バースのアデラード、コンシュのギヨーム、リールのアラン、サン=ティエリのギヨーム、アルベルトゥス・マグヌス、トマス・アクィナス、グリエルモ・ダ・サリチェト、ランフランコ、ギィ・ド・ショーリアック、モンディーノ、アンリ・ド・モンドヴィル、テオドリコ、ウーゴ・デ・ルッカ、ニッコロ・マッサ、アンブロワズ・パレ

近代
ヴァロリオ
フェルネル
デカルト
スピノザ
ガッサンディ
ホッブズ
  I 物体、空間および時間の理論
  II 感覚作用と表象の理論
  III 心臓と脳
ウィリス
マルピーギ
ヴィユサンス
ボンテクー
ブールハーフェ
ラ・ペロニー
ロリィ
ハラー
ハートリー
ヒューム
プロハースカ
ヴィック・ダジール
カバニス
ビシャ
ゼンメリング
カント

ガルとシュプルツハイム
ローランド
フルラーンス
マジャンディ

サルペトリエール学派
  ドレイ、フォヴィル、ピネル=グランシャン、ロスタン
セール
ルガロワ
ラルマン
デムーラン
ブルダッハ
アンドラール
レリュ
ロンジェ
バイヤルジェ
パルシャップ
ブイヨ
ブロカ
グラシオレ
ミュラー
ヴュルピアン

脳局在の発見  フリッチュとヒッツィヒ



ジュール・スーリィ わが生涯
訳者あとがき
参考図書
人名索引

本書第1刷 正誤表

本書初版第1刷(2018年11月9日発行)に誤りがございました。
正誤表がこちらにございます
謹んでお詫び申し上げ、ここに訂正いたします。