「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



コレージュ・ド・フランス講義草稿

1959-1961

NOTES DE COURS

1959-1961

著者
モーリス・メルロ=ポンティ
ステファニー・メナセ
訳者
松葉祥一
訳者
廣瀬浩司
訳者
加國尚志

「哲学的な問いかけは〈存在〉と袂を分かつことはなく、それを廃棄することも、それが出現するのを見るために、無から出発してそれから身を引き離すこともなく、たんにそれを宙吊り状態に置き、それと私たちのあいだに、そのレリーフが見えるようになるような、あらゆる定立以前の、自明で沈黙した存在の現前が開示されるような、隔たりを打ち立てるものなのである」

本書は、メルロ=ポンティが1961年に急逝する直前まで書かれていたコレージュ・ド・フランス講義のための草稿はじめ、遺稿として発見された当時の講義草稿を復元・編集して一書となすものである。『見えるものと見えないもの』「研究ノート」とともに、哲学者の晩年の思索を理解する大きな手がかりとなる待望の書である。
「今日の哲学」「デカルト的存在論と今日の存在論」「ヘーゲル以後の哲学と非‐哲学」の三編を軸に、ハイデガー、フッサール、デカルト、ヘーゲル、マルクス、さらにパウル・クレーやプルーストなどを読み込み、非‐哲学のなかでの哲学の再発見、肉の存在論などの構想が多層で論じられる。クロード・ルフォール序。


目次


凡例
序文  クロード・ルフォール
はしがき  ステファニー・メナセ

1958-1959年講義
 今日の哲学

1960-1961年講義
 デカルト的存在論と今日の存在論
 ヘーゲル以後の哲学と非‐哲学

補遺
 1960年10月の執筆の下書き
 1958-1959年講義への補遺
   フッサールについてのp. 37bisの取り上げ直しと展開
   「付録XX III」の翻訳と注釈
   精神分析
 1960-1961年講義への補遺
   存在論(挿入された数葉)

訳注
訳者あとがき
書誌
事項索引
人名索引


著訳者略歴

モーリス・メルロ=ポンティ
Maurice Merleau-Ponty

1908年、フランスに生まれる。1926年、エコール・ノルマル・シュペリュール入学、在学中サルトル、ボーヴォワール、レヴィ=ストロースらと知りあう。1930年、哲学教授資格試験に合格。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
ステファニー・メナセ
Stéphanie Ménasé
松葉祥一
まつば・しょういち

1955年生まれ。同志社大学文学研究科哲学・倫理学専攻博士課程満期退学。パリ第8大学博士課程中退。前神戸市看護大学教授。著書『哲学的なものと政治的なもの』(青土社)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
廣瀬浩司
ひろせ・こうじ

1963年生まれ。東京大学教養学部総合文化研究科博士課程中退。パリ第一大学博士(哲学)。筑波大学教授。著書『デリダ』(白水社)『後期フーコー』(青土社)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
加國尚志
かくに・たかし

1963年生まれ。立命館大学大学院文学研究科西洋哲学専修博士後期課程修了(博士(文学))。立命館大学教授。著書『沈黙の詩法』(晃洋書房)『自然の現象学』(晃洋書房)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「コレージュ・ド・フランス講義草稿」の画像:

コレージュ・ド・フランス講義草稿

「コレージュ・ド・フランス講義草稿」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/544頁
定価 8,424円(本体7,800円)
ISBN 978-4-622-08763-2 C1010
2019年1月24日発行

この本を購入する