「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ナチス 破壊の経済 下

1923-1945

THE WAGES OF DESTRUCTION

The Making and Breaking of the Nazi Economy




「過去20年間で出版された、もっとも重要かつオリジナリティあふれる第三帝国についての書だ」
――ニーアル・ファーガソン(『キッシンジャー』)

「軍事戦略史と、経済史を生みだす洞察を、非常に読みやすいかたちで調和させている」
――『エコノミスト』誌

「さまざまな先入観を打ち砕く傑作だ」
――ベルトラン・べノワ 『フィナンシャル・タイムズ』紙

「経済史が持つ説得力を見事に示している」
――ハワード・デイヴィーズ 『タイム』誌

「本書のすべてのページに、新鮮かつ示唆に富む内容が含まれていると言ってもいい」
――マイケル・バーリー 『サンデー・タイムズ』紙

下巻では、西部戦線の開戦(1940)から、バルバロッサ作戦、ジェノサイド、シュペーアによる軍備の奇跡、そして敗戦(1945)までを扱う。

二正面戦争に突入したドイツが、いかにして雪のロシアまで戦争活動を巧みに維持したのか、占領した東欧とロシアの資源をナチはどのように利用しようとしていたのか、ホロコーストの経済的側面の全貌とはどのようなものだったのか、「シュペーアの奇跡」の実態とは。破壊に向かって突き進む総動員経済の終幕を描く。


目次


第二部 ヨーロッパの戦争(承前)
11 西部での勝利──Sieg im Westen
12 イギリスとアメリカ──ヒトラーの戦略的ジレンマ

第三部 世界戦争
13 二つの戦争に同時に備える
14 人種戦争という大戦略
15 1941年12月──転回点
16 労働、食糧、ジェノサイド
17 アルベルト・シュペーア──「奇跡の男」
18 疑念の余地なし
19 崩壊
20 終末

訳者あとがき
索引/原注/補遺 補足データ/図一覧/表一覧/口絵クレジット


著訳者略歴

アダム・トゥーズ
Adam Tooze

コロンビア大学歴史学教授。ロンドン生まれ。イングランドとドイツのハイデルベルクで育つ。1989年夏にケンブリッジ大学キングス・カレッジで経済学の学士号取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
山形浩生
やまがた・ひろお

1964年東京生まれ。東京大学都市工学科修士課程およびMIT不動産センター修士課程修了。途上国援助業務のかたわら、翻訳および各種の雑文書きに手を染める。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
森本正史
もりもと・まさふみ

翻訳家。訳書 ブーシェイ他『ピケティ以後』(青土社、2019)ヘラー『グリッドロック経済』(亜紀書房、2018)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ナチス 破壊の経済 下」の画像:

ナチス 破壊の経済 下

「ナチス 破壊の経済 下」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/456頁
定価 5,280円(本体4,800円)
ISBN 978-4-622-08813-4 C0022
2019年8月8日発行

この本を購入する