「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



分析心理学セミナー

1925年、チューリッヒ

INTRODUCTION TO JUNGIAN PSYCHOLOGY

Notes of The Seminar on Analytical Psychology Given in 1925


〈意識の流れはある道のりを、そして無意識の流れは別の道のりを進むものだということには気がついていたのですが、どこでこの二つの流れが合流するのかがわかっていなかったのです。(…)超越機能という言葉を用いることで、私は意識と無意識の媒介の可能性について詳しく述べてみたのですが、これは大いなる光明としてやってきたものなのです〉
本書は1925年のチューリッヒにおいて、ユング心理学がまさに産声をあげたセミナーの記録である。
フロイトとの交流と決別、その後に訪れた心の危機、そして〈無意識との対決〉から超越機能へ――。『赤の書』のもととなった自己実験に取り組んだ後のユングによる赤裸々な語りは、『ユング自伝』の素描となった心理療法家の人生の記録であり、心をめぐるひとつの思想の誕生でもあった。
無意識という心の深みへと降りていくことは、われわれにとってどのような経験なのか? そして、ユングはいかにしてそれを可能にしたのか? 広大な思想の最良の手引きと呼ぶべき、ユング心理学誕生のドキュメンタリ。


目次


2012年 フィレモン・シリーズ版への序文(ソヌ・シャムダサーニ)
序論(ソヌ・シャムダサーニ)
1989年版の序論(ウィリアム・マガイアー)
謝辞(ウィリアム・マガイアー)
前書き
第1回 1925年3月23日
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
第8回
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回
第16回

解題(大塚紳一郎)  
訳者あとがき

文献索引(年代順)
夢・ファンタジー・ヴィジョン索引
事例索引
索引


著訳者略歴

カール・グスタフ・ユング
Carl Gustav Jung

1875-1961。スイス北部のケスヴィルにて生まれる。バーゼル大学卒業後、ブルクヘルツリ病院のブロイラーのもとで言語連想実験の研究に従事。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
ソヌ・シャムダサーニ
Sonu Shamdasani

1962-。歴史学者、著述家。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン教授。フィレモン・ファウンデーションの統括責任者として、これまで未発表だったユング関連の資料(『赤の書』など)の公刊に尽力。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
ウィリアム・マガイアー
William McGuire

1917-2009。ジャーナリスト、編集者。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
横山博
よこやま・ひろし

1945年、石川県に生まれる。精神科医、臨床心理士。1970年京都大学医学部卒業。1984-5年、1988-9年、二度に分けてチューリッヒのユング研究所に留学、ユング派分析家の資格を取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
大塚紳一郎
おおつか・しんいちろう

1980年、東京都に生まれる。臨床心理士。2002年慶應義塾大学文学部卒。2009年甲南大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、ISAP(チューリッヒ)在学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
河合麻衣子
かわい・まいこ

1981年、大阪府に生まれる。臨床心理士。公認心理師。2008年甲南大学大学院人文科学研究科修士課程修了。加古川市教育委員会青少年育成課教育相談センター、兵庫県立ひょうごこころの医療センターなどで勤務。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
小林泰斗
こばやし・たいと

1987年、兵庫県に生まれる。臨床心理士。公認心理師。2012年甲南大学大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、兵庫県立ひょうごこころの医療センター、加古川市教育相談センター、小林心理療法オフィス。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「分析心理学セミナー」の画像:

分析心理学セミナー

「分析心理学セミナー」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
定価 3,960円(本体3,600円)
ISBN 978-4-622-08843-1 C1011
2019年10月16日発行

この本を購入する