「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



霧中の読書

著者
荒川洋治

「物音ひとつしない静けさに被われることがある。何かを読み忘れていないか。そう思うのは、そんなときだ。書棚に置いたまま、まだ読んでいない書物が多数ある。また、書物のなかに含まれる作品のすべてを読むわけではないので、そこにも読まないものがあって、新雪のように降りつもる。そのことがこれまで以上に気になりはじめた。ある年齢を過ぎると、知らないまま行き過ぎることを惜しむ気持ちが高まるのだろうか。」(本書「異同」より)

これまで多くの読者と高い評価に支えられてきた散文集シリーズ。『忘れられる過去』(講談社エッセイ賞)、『過去をもつ人』(毎日出版文化賞書評賞)につらなる本書もまた、ぶれない著者の発見と指摘に、読む者は胸を突かれ、思念の方位を示される。そのありがたみは変わらない。
風景の時間、ゴーリキーの少女、名作の表情、制作のことば、川上未映子の詩、西鶴の奇談、テレビのなかの名作、など近作エッセイ45編に書き下ろしを加えた。


目次


I
椅子と世界  風景の時間  美の要点  現象のなかの作品  荷車の丘の道  乙女の英語  ゴーリキーの少女  「幸福な王子」の幸福  光のなかでリーナは思う  集落の相貌  美しい人たちの町  アーサー・ミラーの小説  名作の表情  情景の日々  外側の世界とともに

II
生原稿  制作のことば  風景の影  夢の生きかた  詩の時代  ヤマユリの位置  川上未映子の詩  古代詩の眺望  若き日の道へ  流れは動く  平成の昭和文学  「星への旅」へ  文芸評論を生きる  モーパッサンの中編  太陽の視角  明快な楽しみ

III
西鶴の奇談  与謝野晶子の少女時代  第一印象の文学  ことばは話す  底にある本  群落  明日の夕方  離れた素顔  テレビのなかの名作  姿勢  幻の月、幻の紙  垣根を越えて  激動期の青春  平成期の五冊  異同

あとがき
初出一覧


著訳者略歴

荒川洋治
あらかわ・ようじ

現代詩作家。1949年4月18日、福井県三国町生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業。1980年より著作に専念。1996年より肩書を、現代詩作家(みずからの造語)とする。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「霧中の読書」の画像:

霧中の読書

「霧中の読書」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
定価 2,970円(本体2,700円)
ISBN 978-4-622-08845-5 C0095
2019年10月1日発行

この本を購入する