「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



結ばれたロープ

PREMIER DE CORDÉE


モンブランのまわりの山々と、麓の町シャモニーを舞台にした、心ゆさぶられる物語。名ガイドの父親を山で亡くした青年ピエール、凍傷で足先を失ったガイド見習い、畜産や農業や林業で生計をたてながらも山への情熱にかりたてられる若者たちが、困難や障害をのりこえて生きてゆく。
自身がすぐれた高山ガイドである作者が山々で経験したことを思い出し、卓越した描写力と山への愛によって作り上げた驚くべき小説である。読む者に迫ってくる氷壁登攀、酷寒のビバーク、真夜中の氷河歩き……。そして時間とともに色彩が変化してゆく山々の姿は、時代をこえ国をこえた大きな魅力となっている。
フリゾン=ロッシュ没後20年、みずみずしい翻訳と手厚い註に、物語の時代背景を伝える貴重な写真を多数添えて刊行。
「まさに謎でありつづける本がある。さまざまな年齢でなんども読み、それでも読むことをやめられず、ますます深みをましてゆく本である。『結ばれたロープ』がそうだ。まちがいなく、わたしがもっとも多く読みかえした本である。」(フィリップ・クローデル)


目次


この本のすすめ(フィリップ・クローデル)
結ばれたロープ
 第一部 これが天職だ
 第二部 おまえはガイドになる
 
訳者あとがき


著訳者略歴

ロジェ・フリゾン=ロッシュ
Roger Frison-Roche

1906-1999。フランスのパリに生まれシャモニーに没した作家。1923年からシャモニーに住み、24年シャモニーで開催された第1回冬季オリンピックの事務局で働いたのを機にジャーナリストの活動を始める。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
石川美子
いしかわ・よしこ

フランス文学。明治学院大学名誉教授。著書に『自伝の時間』(中央公論社)『旅のエクリチュール』(白水社)『青のパティニール』(みすず書房)『ロラン・バルト』(中公新書)など。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「結ばれたロープ」の画像:

結ばれたロープ

「結ばれたロープ」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/408頁
定価 4,180円(本体3,800円)
ISBN 978-4-622-08881-3 C0097
2020年2月20日発行

この本を購入する