「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



もうダメかも

死ぬ確率の統計学

THE NORM CHRONICLES

Stories and Numbers About Danger and Death




「数字は重大だ、とりわけリスクに直面したときには。本書は、ある死に至る病を治す特効薬だ。その病の名は〈数字音痴〉という」
ポール・スロヴィック(オレゴン大学教授)

「このジャンルの変わり種…エネルギッシュで見事な〈心の体操〉だ」
『ニューヨーク・タイムズ』紙

「本書は、お好みなら、リスク認知の著作の多くがそうであるような、尋問調に読むこともできる――見ろよ、なんてみんな不合理なんだ! という調子だ。しかし著者は違う道をとる…数学的計算はわれわれの判断にすべて取って代わらないし、代わるべきでもないと結論するのだ」
『ウォールストリート・ジャーナル』紙

「危険とは浅瀬のサメ、食器棚の錠剤、グランドピアノが窓からずり落ちかけている下で子供がスキップしている状況だ。クリーム摂りすぎの食生活、ベースジャンプ、密造酒、歩行者対2階建てバス、車でのスピードの出し過ぎ、変な天気もだし、スリル満点の物事もだ。言い換えると、危険はいつどこにでもある。そして…リスクには2つの顔がある。ひとつは一見冷徹な確率計算、もうひとつは、人々とそれぞれの身に起こった物語だ…この2つを一度に見る、というのが本書の普通ではない目的である」
「数字と統計情報は揃っている。それらを駆使して、山あり谷ありの人生におけるさまざまな出来事の確率を見ていく…[そのために]手に入るなかでも、あるいは編み出せるなかでも最高の手法を用いる。特に、「マイクロモート」と呼ばれる巧みな仕掛け、そして新しい「マイクロライフ」という、命に関わるリスクを表す親しみやすい2つの単位を用いる…この意味で、本書は人生にまつわるさまざまな確率を取り上げた新しいガイドブックと言えよう」(はじめに)

誕生から死までのリスク大全


目次


はじめに
1 人生の始まり
2 乳児期
3 暴力
4 平穏無事
5 事故
6 予防接種
7 偶然の一致
8 セックス
9 薬物
10 大きなリスク
11 出産
12 ギャンブル
13 平均的なリスク
14 偶然
15 交通機関
16 エクストリームスポーツ
17 ライフスタイル
18 安全衛生
19 放射線
20 天空
21 失業
22 犯罪
23 手術
24 検診
25 老後のお金
26 人生の終わり
27 審判の日

謝辞

索引/原注


著訳者略歴

マイケル・ブラストランド
Michael Blastland

作家、ジャーナリスト。BBC Radio 4 のブロードキャスターでもある。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
デイヴィッド・シュピーゲルハルター
David Spiegelhalter

ケンブリッジ大学統計研究所教授。専門はベイズ統計学、リスクの公的理解。英国王立統計協会会長も務めた。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
松井信彦
まつい・のぶひこ

翻訳家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「もうダメかも」の画像:

もうダメかも

「もうダメかも」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/408頁
定価 3,960円(本体3,600円)
ISBN 978-4-622-08888-2 C0033
2020年4月10日発行

この本を購入する