みすず書房

宇宙・肉体・悪魔【新版】

理性的精神の敵について

THE WORLD, THE FLESH AND THE DEVIL

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 136頁
定価 2,970円 (本体:2,700円)
ISBN 978-4-622-08923-0
Cコード C1040
発行日 2020年7月16日
備考 在庫僅少
オンラインで購入
宇宙・肉体・悪魔【新版】

「史上もっとも偉大な科学予測の試み」(アーサー・C・クラーク)。イギリスの生物・物理学者バナールが1929年、弱冠27歳の折に発表した先駆的な人類未来論。書名の「宇宙・肉体・悪魔」は、これまで人類の妨げとなってきた物理的、生理的、心理的な3つの制約を指している。これらのくびきを解き放つため、未来人はロケットを開発して宇宙に進出、その過程で自らの肉体を工学的に改造しつつ機械と融合し、従来の生物を超越した存在へと進化していくだろうと予言する。1世紀近く前の小著ながら、宇宙開発、遺伝子工学、AIによるシンギュラリティー問題など、先端的なテーマがすでに内包されており、その先見性を裏付けている。また、本書が説く宇宙植民島(スペースコロニー)や改造人間(サイボーグ)、群体頭脳などのアイディアは、ステープルドンやクラークらを通じて、小説から映画に至るのちのSF作品に多大な影響を与えたことでも知られる。いまなお読む者を刺激してやまない科学史に残るラディカルな古典。巻末に「新版への解説」(瀬名秀明)を収録。

目次

第一章 未来
第二章 宇宙
第三章 肉体
第四章 悪魔
第五章 総合
第六章 可能性

訳者あとがき
J・D・バナール略歴
新版への解説  瀬名秀明

書評情報

冬木糸一
「基本読書」(ブログ)2020年7月24日