「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



「第二の不可能」を追え!

理論物理学者、ありえない物質を求めてカムチャツカへ

THE SECOND KIND OF IMPOSSIBLE

The Extraordinary Quest for a New Form of Matter




「いまや、物質のとりうる形態の数は、無限になった。」凄腕の理論物理学者とその仲間たちが、物質科学の新たな可能性を追う。「ペンローズ・タイル」のこのうえなく魅惑的な幾何学に触発されて著者たちが考案したのは、禁じられているはずの対称性をもつ、新しい形態の物質──名付けて、「準結晶」──の理論だった。
準結晶のコンセプトは単純で美しく、その意義はいまだに計り知れない。ゆえに著者たちの探究はとんでもない熱量のプロジェクトへと発展していく。幾何学、物性物理学、鉱物学、etc. etc. を渡り歩いてカムチャツカに至り、その旅路の先は宇宙へも通じていて……まさに「ありえない」ような知的アドベンチャー。
30年がかりの研究全体を貫いているのは、リチャード・ファインマンの薫陶を受けた著者が指針とする、「第二の不可能」への挑戦である。本書では不可能を可能にするような優れた科学者たちが、プロフェッショナルならではの離れ業を連発する。不可能に挑む研究は、最高に面白いのだ。上質な研究のスリルと興奮を凝縮した胸躍る科学ノンフィクション。


目次


はじめに

第I部 不可能を可能にする
1 ありえない!
2 ペンローズのパズル
3 抜け道を見つける
4 ふたつの研究室の物語
5 面白いものを見せよう
6 まったく不可能

第II部 探索が始まる
7 自然はわれわれの鼻をあかしているのか?
8 ルカ
9 準年おめでとう
10 あなたが不可能と言う場合
11 青チーム対赤チーム
12 神はあからさまに意地悪ではないにしても気まぐれ
13 「秘密の」秘密の日記
14 ヴァレリー・クリャチュコ
15 ありえないものを希少なものが囲む
16 アイコサヘドライト

第III部 なにがなんでもカムチャツカへ!
17 見失う
18 見つかる
19 九九パーセント
20 形勢逆転
21 L’Uomo dei Miracoli
22 自然の秘密

謝辞
訳者あとがき
図版出典一覧
索引


著訳者略歴

ポール・J・スタインハート
Paul J. Steinhardt

1952年生まれ。現在はプリンストン大学アルベルト・アインシュタイン記念教授として物理学部門と天体物理学部門の両方に所属。おもな専門は宇宙論、物性論。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
斉藤隆央
さいとう・たかお

翻訳者。1967年生まれ。東京大学工学部工業化学科卒業。化学メーカー勤務を経て、現在は翻訳業に専念。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「「第二の不可能」を追え!」の画像:

「第二の不可能」を追え!

「「第二の不可能」を追え!」の書籍情報:

四六変型判 タテ188mm×ヨコ131mm/384頁
定価 3,740円(本体3,400円)
ISBN 978-4-622-08934-6 C0040
2020年9月1日発行

この本を購入する