「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



発明【新装版】

アイディアをいかに育てるか

INVENTION

The Care and Feeding of Ideas


ノーバート・ウィーナーはただの数学者ではない。物はいかに働き、働きうるかを深いレベルで理解する能力を有し、常に彼の数学を工学技術に結びつけ、情報通信ネットワーク時代のあらゆる種類の発明のための基本的アイディアを提供した。
本書で彼は、新しいアイディアを養い育て、その応用を可能にする歴史的環境を強調することにより、発明発見の歴史の魅力的な物語を、内側から理解し描いた。真にオリジナルなアイディアは、流れ作業からは生れえず、しばしば遠く離れた時と地点から直観で感じとられたものとして生れる。発明にとって最善の知的・技術的風土とは、興味深い事柄を追求する精神を鼓舞する社会であり、それらを産み出す直観に報いる社会である。その観点から現代アメリカの事例も観察する。
ウィーナーはまた、生涯を通じて、科学者たちの開発した理論の応用を導く倫理的なものへの強い関心を保ち続けた。冷戦時代をささえた科学の世界に対する彼の警告は、予見に満ちている。21正規の科学技術社会が直面するディレンマに対しても、過去から深く有益な示唆を与える本書は、今こそ読まれるにふさわしい。

[初版1994年7月25日発行]


目次


解説  スティーヴ・J・ハイムズ
まえがき

1 発明の必要と発明のための条件
2 知的風土と発明
3 独創的アイディアに好都合な環境と不都合な環境
4 技術的風土と発明
5 社会的風土と発明
6 二十世紀初めの科学的風土
7 発明をめぐる現在の社会的環境――メガドル科学
8 発明をめぐる現在の社会的環境――メガドル科学、第二部
9 発明の計算できないリスクと経済環境
10 特許と発明:アメリカの特許制度
11 目標と問題

訳者あとがき
索引


著訳者略歴

ノーバート・ウィーナー
Norbert Wiener

1894-1964。ポーランドに生れ、アメリカに渡ったユダヤ人の言語学者レオ・ウィーナーの長子として生れた。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鎮目恭夫
しずめ・やすお

1925年東京に生まれる。1947年東京大学理学部物理学科卒業。科学思想史専攻。科学評論家。2011年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「発明【新装版】」の画像:

発明【新装版】

「発明【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/208頁
定価 3,300円(本体3,000円)
ISBN 978-4-622-08939-1 C1040
2020年7月10日発行

この本を購入する