みすず書房

ファシズム 電子書籍あり

警告の書

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 304頁
定価 3,300円 (本体:3,000円)
ISBN 978-4-622-08943-8
Cコード C0031
発行日 2020年10月 1日
電子書籍配信開始日 2020年10月 9日
オンラインで購入
電子書籍を購入 *価格は各電子書店でご確認ください
ファシズム

「ファシストたちに初めて暮らしを方向転換させられたのは、私がよちよち歩きを始めたばかりの、1939年3月15日だった。その日、生まれ故郷のチェコスロバキアにドイツ軍がなだれ込んできたのだ」(第1章より)。

米国初の女性国務長官となったオルブライト(1937-)が鳴らす「ファシズム」復活への警鐘。プラハのユダヤ系家庭に生まれ、ナチズムとスターリニズムの脅威を逃れて一家でアメリカに亡命した過去をもつ彼女ほど、このテーマを語るのにふさわしい人物はいない。幼少期の戦争体験から説き起こし、クリントン政権の国連大使、国務長官として対峙したミロシェビッチ、プーチン、金正日ら各国指導者の印象を交え、トランプ大統領誕生の前後から国内外で高まっている危険な兆候を国別に分析、その特徴と克服のための道筋を論じる。20世紀ファシズムの体験談、東欧研究者としての知見、外交トップとしての経験が盛り込まれ示唆に富む。『ニューヨーク・タイムズ』ベストセラー1位、『エコノミスト』年間ベストブックとなり、ドイツ、イタリア、韓国など各国で翻訳されている世界的話題作。

 

巻末の油井大三郎「解説」をPDFでお読みになれます

目次

ペーパーバック版まえがき
第1章 怒りと恐怖を操る教義
第2章 地上最大のショー
第3章 蛮族を目指す
第4章 同情無用
第5章 カエサル勢の勝利
第6章 崩壊
第7章 民主政治の独裁
第8章 遺体がたくさん
第9章 難しい芸当
第10章 終生の大統領
第11章 偉大なるエルドアン
第12章 KGBから来た男
第13章「私たちは私たちです」
第14章「首領様は永遠に私たちと共にいらっしゃる」
第15章 アメリカ大統領
第16章 悪夢
第17章 問うべきこと

謝辞
解説  油井大三郎
原注
人名索引

 

書評情報

日本経済新聞
2020年12月5日
週刊東洋経済
2020年12月26日-1月2日号
杉浦功一
(和洋女子大学教授)
公明新聞 2021年1月4日
保阪正康
(ノンフィクション作家)
朝日新聞 2021年1月9日
佐藤優
(作家・元外務省主任分析官)
週刊ダイヤモンド 2021年1月16日号