みすず書房

貿易戦争は階級闘争である 電子書籍あり

格差と対立の隠された構造

TRADE WARS ARE CLASS WARS

How Rising Inequality Distorts the Global Economy and Threatens International Peace

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 320頁
定価 3,960円 (本体:3,600円)
ISBN 978-4-622-08999-5
Cコード C0033
発行日 2021年5月17日
電子書籍配信開始日 2021年5月17日
オンラインで購入
電子書籍を購入 *価格は各電子書店でご確認ください
貿易戦争は階級闘争である

2021年ライオネル・ゲルバー賞受賞

「貿易戦争は国家間の対立として表現されることが多いが、そうではない。これは主に、銀行や金融資産の所有者と一般世帯の対立、すなわち超富裕層とその他大勢の対立である」(まとめ)
今日の米中2国間に見られるような対立は、じつは各国の労働者・退職者を犠牲にした数十年来の富裕層優遇策に起因している――。貿易黒字国である中国やドイツの国内所得の不均衡がアメリカの巨額な貿易赤字を生み、衝突へと至る構造をあざやかに解明、解決のための道筋を示す。国内の格差が民主主義を毀損し、グローバル経済の繁栄や国際平和をも脅かすメカニズムは、日本にも重大な問いを突きつけている。
中国経済に精通した北京大学ビジネススクール教授と投資金融専門紙「バロンズ」経済論説員が贈る、「グローバル経済にかかわるすべての人が読むべき本」(ダニ・ロドリック)。
解説・青山直篤

巻末の青山直篤「解説」をPDFでお読みになれます

目次

謝辞
はじめに
第1章 アダム・スミスからティム・クックへ――グローバル貿易の変容
第2章 国際金融の発達
第3章 貯蓄、投資、不均衡
第4章 天安門から一帯一路へ――中国の黒字を理解する
第5章 壁の崩壊と黒いゼロ(シュバルツェ・ヌル)――ドイツの黒字を理解する
第6章 アメリカ例外主義――法外な負担と執拗な赤字
まとめ――貿易戦争の終わり、階級闘争の終わり

解説 「貿易戦争」の核心  青山直篤
原注
人名索引

書評情報

会田弘継
(関西大学客員教授)
週刊東洋経済 2021年6月26日号
著者インタビュー
週刊東洋経済 2021年7月24日号
福田慎一
(東京大学教授)
日本経済新聞 2021年7月24日号