みすず書房

沈黙の世界【新装版】

DIE WELT DES SCHWEIGENS

判型 四六変型判 タテ191mm×ヨコ130mm
頁数 280頁
定価 4,180円 (本体:3,800円)
ISBN 978-4-622-09039-7
Cコード C1010
発行日 2021年7月 9日
オンラインで購入
沈黙の世界【新装版】

〈沈黙は言葉なくしても存在し得る。しかし、沈黙なくして言葉は存在し得ない。もしも言葉に沈黙の背景がなければ、言葉は深さを失ってしまうであろう。にもかかわらず、沈黙は決して言葉以上のものではない。反対に、それだけのものとしての沈黙、つまり言葉なき沈黙の世界は、いわば創造以前のもの、完成されていない創造、いや、脅迫的な創造だとさえ言えよう。〉
(「沈黙からの言葉の発生」)

〈『沈黙の世界』と題された著作に収められた数々のみごとな文章のひとつのなかで、ピカートは無言のうちに流れる時間を、季節のリズムの黙した移り変わりを描出している。そこでは、モノが、ひとびとが、葉が、花々が、果実が、色が、物音さえが、黙した流れの裂け目から沈黙のうちに抜け出し、突然そこにあることになる(それは重々しく遅々とした成熟ではまったくなく、創造的湧出である)。〉
(レヴィナス「マックス・ピカートと顔」)

『われわれ自身のなかのヒトラー』ほかの著作で知られる思想家ピカートが、沈黙をめぐって思索する。その言葉は、騒音と喧騒の時代に生きる私たちに、深い読後感をもたらすであろう。レヴィナスの講演を付す。


[初版1964年2月発行、《始まりの本》版2014年2月発行]

目次

まえがき

沈黙の相(すがた)
始原の現象としての沈黙
沈黙からの言葉の発生
沈黙と、言葉と、真理
言葉における沈黙
沈黙と言葉との中間にある人間
沈黙におけるデモーニッシュなるものと言葉
言葉と身振り
古代の言葉
「自己」と沈黙
認識と沈黙
事物と沈黙
歴史と沈黙
形象と沈黙
愛と沈黙
人間の顔と沈黙
動物と沈黙
時間と沈黙
幼児と、老人と、そして沈黙
農夫と沈黙
沈黙における人間と事物
自然と沈黙
詩と沈黙
詩と沈黙——例
美術と沈黙
騒音の言葉
ラジオ
沈黙の残部
病と死と沈黙
沈黙なき世界
希望
沈黙と信仰

訳者あとがき
マックス・ピカートと顔  エマニュエル・レヴィナス〔合田正人訳〕